AFFINGER WordPressテーマ

AFFINGER6とDiverの違いを徹底比較【10項目で違いを比較】

AFFINGER6とDiverの違いを徹底比較【10項目で違いを比較】
困ってる人
●WordPressテーマのAFFINGERとDiverの違いについて知りたい。

●AFFINGER6とDiverで迷ってるけど、どっちがおすすめなの??各項目を比較して教えてほしい。

 

今回はこんなお悩みを解決していきます。

 

こんな方におすすめ

  • WordPressテーマ選びに迷ってる方
  • AFFINGERとDiverの違いが知りたい方
  • AFFINGER6とDiverでどっちにするか迷ってる方

 

WordPressテーマはたくさんあり、なかなかどれにするか決められないですよね。

 

その中でAFFINGER6Diverは両テーマとも優秀で、迷ってしまう方もいるかもしれません。

 

そんな方に向けて、

  • AFFINGER6とDiverの違いについて
  • AFFINGER6とDiverの良いところ
  • AFFINGER6とDiverの悪いところ

がそれぞれわかるように本記事でご紹介します。

 

今回はWordPress有料テーマのAFFINGERとDiverを徹底比較し、合計10項目を比べていきます。

 

本記事を読めば、AFFINGER6とDiverの違いを理解し、自分に合ったテーマを見つけられると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

 

デザインの好みやカスタムなど、ご自身に合う合わないはテーマにもあります。しっかり比較していくのでチェックしてみてください。

 

なお、当サイト経由でAFFINGERまたはDiverを購入頂いた方に限定特典10個を無料でプレゼントしています。AFFINGER6ではさらに公式特典もあるので、気になった方はお得にゲットしてみてください。

>>AFFINGER6の特典10個付きレビュー!評判を徹底解説

 

それでは早速始めていきます。

 

目次

 

【結論】AFFINGER(アフィンガー)とDiver(ダイバー) 結局どっちがいい?

【結論】AFFINGER(アフィンガー)とDiver(ダイバー) 結局どっちがいい?

【結論】AFFINGER(アフィンガー)とDiver(ダイバー) 結局どっちがいい?

 

結論から言うと、AFFINGER6とDiverどっちがいいかは、ブログ運営の目的によって変わってきます。

 

AFFINGER6がおすすめな人

  • ブログで絶対稼ぎたい
  • 高機能をたくさんほしい
  • カッコイイサイトを作りたい

 

Diverがおすすめな人

  • おしゃれなサイトを作りたい
  • アフィリエイトで収益化したい
  • サポート抜群のテーマを使いたい

 

上記のような感じです。ご自身のブログ運営に合ったテーマを選ぶのがおすすめかと。

 

ちなみに当ブログはブログアフィリエイトで稼ぎたい!という思いが強かったので、迷った上AFFINGER6にしました。結果的に月5桁稼げるようになったので、満足しています。

 

2つとも優秀なテーマなので、自分に合うテーマを選ぶのがベストです。それでは各項目を1つずつ比較してみていきましょう。

 

>>AFFINGER6公式サイトを見てみる

※クリックすると公式サイトへアクセスします。

 

>>Diverの公式サイトを見てみる

※クリックすると公式サイトへアクセスします。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の違い【比較表】

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の違い【比較表】

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の違い【比較表】

 

AFFINGER6(アフィンガー6)Diverの各項目を表でまとめました。簡単な比較は以下のような感じです。

 

AFFINGER6とDiverの比較表

テーマ名AFFINGER6Diver
料金14,800円(税込み)17,980円(税込み)
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
サポート面
テーマ特典ありあり
高速表示速度
AMP対応
目次・人気記事の表示
ユーザー数
SEO内部対策
複数サイト使用
新エディタ対応
入力補助機能
ランキングページ
アップデート対応
公式サイトAFFINGER6Diver
総合評価

※表はスクロールできます。

 

上記のような感じです。詳細は次で見ていきましょう。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較①:料金プラン

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較①:料金プラン

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較①:料金プラン

 

AFFINGER6とDiverの料金プランは以下です。

  • AFFINGER6:14800円
  • Diver:17980円

※最安値プランで比較。

 

それぞれの料金プランについてもう少し詳しく見ていきます。

 

AFFINGERの料金プランは2種類

 

AFFINGER6の料金プランは以下2つ。

 

テーマプラン値段特典
ACTION(AFFINGER6版)14,800円(税込み)・STINGERタグ管理マネージャー3
・クレジット削除プラグイン
AFFINGER EX(PACK3)39,800円(税込み)・AFFINGERタグ管理マネージャー4
・ABテストプラグイン
・AffiliateRun~なぜ売れないか?

 

上記のような感じですね。AFFINGER6ではACTIONパック・PACK3ともに特典が付きます。

普通に購入すると10000円以上の代物なので、お得にゲットでき、当サイトからの購入でさらに限定特典10個がついてきます。

 

AFFINGER PACK3はAFFINGERの隠された機能を全て発揮できるテーマです。絶対にブログで稼ぎたい方には必要な機能が全て備わっています。

 

AFFINGERには上記2つのプランがあるので、AFFINGERがいいなと思った方は2つを比較しておくのもいいかと思います。
関連記事
【AFFINGER PACK3】AFFINGER6 EX版を徹底レビュー【感想を公開】

続きを見る

 

Diverの料金プラン

 

続いてDiverの料金プランです。

テーマプラン値段特典
Diver17,900円(税込)Tetsu blog限定特典あり

 

AFFINGERと違い公式特典はありませんが、当ブログからの購入で限定特典がついてきます。

 

また値段は17900円とAFFINGER6よりも3000円ほどお高くなっています。お安く手に入れたい方は、AFFINGER6が良いかもしれません。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較②:デザイン性

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較②:デザイン性

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較②:デザイン性

 

AFFINGERとDiverのデザイン性の比較は下記になります。

 

テーマ名AFFINGER6Diver
デザイン性

 

AFFINGERデザイン例

AFFINGERデザイン例

 

AFFINGER6のデザイン例については上記のような感じ。スタイリッシュなデザインから可愛らしいデザインまで作れます。

 

特にブログカードやスライドショーを設定している人が多いのがアフィンガーのデザインの特徴でもあります。

 

さらにデザインが苦手な方向けにデザインテンプレートが配布されているので、簡単におしゃれなサイトを作りたい方ならデザインテンプレートを使うのもありです。

 

>>AFFINGER6のデザインテンプレートを見てみる

※クリックすると公式サイトへアクセスします。

 

Diverのデザイン例

Diverのデザイン例

Diverのデザイン例

 

続いてDiverのデザイン例です。AFFINGERに負けず劣らずおしゃれですね。

 

Diverデモサイト例

 

DiverはAFFINGER6のようにスタイリッシュなカッコいいサイトもありますが、おしゃれで可愛い感じのサイトも作れます。

 

デザインテンプレートも豊富にあるので、参考になりますよ。

>>Diverのデモサイトをチェックする

※クリックすると公式サイトへアクセスします。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較③:カスタマイズ性

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較③:カスタマイズ性

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較③:カスタマイズ性

 

AFFINGER6とDiverのカスタマイズ性はこんな感じです。

 

テーマ名AFFINGER6Diver
カスタマイズ性

 

各テーマ詳しく見ていきましょう。

 

AFFINGER6のカスタマイズ性

 

AFFINGER6の最大の特徴はカスタマイズ性の高さです。

 

アフィリエイトで成果を上げたい方によって、広告配置も自由自在で、よく見られる位置に配置もできるので、収益性が高いと言われています。

 

AFFINGER6のウィジェット画面

AFFINGER6のウィジェット画面

 

例えば、サイトをカスタマイズする機能1つであるウィジェットを参考に見てみると上記のような感じです。かなり細かい部分まで設定できます。

 

細部までこだわって、カスタムしたい方にはAFFINGERは最適ですね。

>>AFFINGER6の公式サイトをチェックする

 

合わせて読みたい

なお詳細は、AFFINGER6のカスタマイズ方法まとめ【目的別にデザインを設定しよう】で詳しく解説してるので、気になった方は参考にどうぞ。

 

Diverのカスタマイズ性

 

Diverのカスタマイズ性も抜群です。

 

アフィリエイトで収益を上げたい方、ブロガーの方両者ともにいい感じに設定ができます。

 

Diverのカスタマイズ例

Diverのカスタマイズ例

 

上記のような感じでして、カスタマイズできる部分が多いですよね。

 

AFFINGER6もDiverもカスタマイズ性が高いので、他にはないサイトを自分で作っていきたいという人には向いてます。

>>Diverの公式サイトをチェックする

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較④:使いやすさ

AFFINGER6(アフィンガー6)とJIN(ジン)の比較④:使いやすさ

AFFINGER6(アフィンガー6)とJIN(ジン)の比較④:使いやすさ

 

AFFINGER6Diverの使いやすさの比較は以下になります。

 

テーマ名AFFINGER6Diver
使いやすさ

 

AFFINGER6の使いやすさ

 

結論、AFFINGER6は使いやすいという声が結構ありました。

 

 

高機能のため、ブログ初心者でも大丈夫なの?という心配する方も多いと思います。しかし使っていれば慣れますし、そこまで心配いりませんよ。

 

Diverの使いやすさ

 

続いてDiverの使いやすさについてです。

 

 

Diverについても使いやすいという声が多くありました。高機能でカスタマイズ性が高いながら、使い勝手も良いと好評なものが多かったです。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑤:サポート面

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑤:サポート面

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑤:サポート面

 

続いてAFFINGER6とDiverのサポート面についてです。

 

テーマ名AFFINGER6Diver
サポート面

 

順番に見ていきましょう。

 

AFFINGER6のサポート面

 

AFFINGER6では購入者限定の専用ページが設けられています。

 

また充実したマニュアルが公式サイトでも扱われているので、初心者の方でも安心して利用できます。

 

さらに購入者同士のフォーラムで疑問について質問できるので、困っても質問すればOKです。

 

ちなみに当ブログからAFFINGER6を購入された方には質問対応しています。

 

Diverのサポート面

 

Diverのサポート面は抜群です。

 

Diverのサポート面について

 

上記の通りでして、Diverの購入者は無料無制限で質問ができます。

 

問い合わせは原則メールですが、困ったら対応してくれますよ。

 

両テーマに大きな差はありませんが、若干Diverの方がサポート面はいいかなといった印象です。

 

両テーマとも優良テーマなので、サポート体制は十分ですね。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑥:高速表示速度

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑥:高速表示速度

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑥:高速表示速度

 

AFFINGER6Diverの表示速度について比較します。

 

今回は条件を同じにするためにデモサイトのスピードを計測して比較しました。

 

テーマ名AFFINGER6Diver
高速表示速度

 

順番に見ていきましょう。

 

AFFINGER6の表示速度

 

AFFINGER6の表示速度は以下のような感じです。

 

AFFINGER6:デモサイトのスピード

 

デモサイトのスピードはまあまあといったところです。しかしプラグインなどで対策をすれば、もっと高得点を取ることは可能です。

 

AFFINGER6の表示速度

AFFINGER6の表示速度

 

上記のような感じですね。サイトスピードはSEOにも直結しブログ運営には必要不可欠な項目になります。

>>AFFINGER6の公式サイトをチェックする

 

Diverの表示速度

 

続いてDiverの表示速度についてです。

 

Diver:デモサイトのスピード

 

上記のような感じで、若干AFFINGER6には劣ります。

 

とはいえ、AFFINGER6とDiverともAMPという表示速度を早くする技術に対応しているので、高速化するための対策は十分かと。

 

プラグインを使ってサイトスピードを速めることは可能です。しかし、WordPressテーマで結構差があるので、スピードが速いテーマがおすすめです。

>>Diverの公式サイトをチェックする

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑦:SEO内部対策

AFFINGER6(アフィンガー6)とJIN(ジン)の比較⑦:SEO内部対策

AFFINGER6(アフィンガー6)とJIN(ジン)の比較⑦:SEO内部対策

 

AFFINGER6とDiverのSEO内部対策についても比較していきます。

 

SEO内部対策とは

Googleで検索した時に検索上位に表示されるように対策を行うことです。SEO内部対策ができていると検索上位になりやすく、収益化UPには必須の項目です。

 

テーマ名AFFINGER6Diver
SEO内部対策

 

AFFINGER6のSEO内部対策

 

AFFINGER6はSEO内部対策が抜群です。

 

なぜなら、以下のような施策がばっちり施されているから。

  • メタタグ
  • パンくずリスト
  • モバイルフレンドリー
  • index、noindex
  • AnalyticsとSerch Console連携

上記は一部ですが、収益化に特化しているテーマなので、SEO内部対策もしっかりしています。

 

またAFFINGER6を使ってる方は、SEO効果を実感されている方も多いです。

 

 

僕もAFFINGER6に変えてから検索流入が増えたので、SEOに強いと実感しています。

>>AFFINGER6の公式サイトをチェックする

 

DiverのSEO内部対策

 

DiverもSEO内部対策がされているテーマです。

  • メタタグ
  • パンくずリスト
  • モバイルフレンドリー
  • index、noindex
  • AnalyticsとSerch Console連携

などなど。DiverもSEOをしっかりと作られたテーマになります。

 

AFFINGERとDiverでSEO対策に大きな差はありません。そのため僕の判断は「稼いでる人が多いか」でAFFINGER6を選択しました。

 

AFFINGERとDiverに限らず、WordPressテーマ選ぶ際は『SEO内部対策が十分か』をチェックすることが重要です。

>>Diverの公式サイトをチェックする

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑧:複数サイトの利用

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑧:複数サイトの利用

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑧:複数サイトの利用

 

AFFINGER6とDiverの複数サイトの利用を比較します。

 

テーマ名AFFINGER6Diver
複数サイトの利用

 

結論、両テーマとも複数サイトの利用OKです。つまり一度購入してしまえば、2つ目のサイトにもテーマを導入できるということになります。

 

例えば、サイトを3つ運営するなら、AFFINGER6なら実質5000円ほど、Diverなら実質6000円になります。

 

もし今後複数サイトを運営していきたいと考えてるならチェックしておきたい項目ですね。今回はどちらもOKなので大丈夫です!

 

\高機能で収益性抜群/

AFFINGER公式サイトへ

※テーマの詳細をチェックできます

\おしゃれな稼げるサイトを作るなら/

Diver公式サイトへ

※テーマの詳細をチェックできます

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑨:メリット

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑨:メリット

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑨:メリット

 

AFFINGER6Diverのメリットを比較しましょう。これまで紹介したもの+でご紹介しますね。

 

AFFINGER6のメリット4つ

  • サイトデザインが無限大に作れる
  • カスタマイズ性が抜群で収益性UP
  • 内部SEO対策が万全
  • ユーザーが多くわからないことも調べたらすぐに出てくる

 

Diverのメリット4つ

  • 可愛い or カッコいいサイトでも作れる
  • ブログアフィリエイト収益がUP
  • 複数サイトの作成が可能
  • サポート体制が良い

 

AFFINGER6が『稼ぎたい人向け』に紹介される理由はやはりカスタマイズ性の高さですね。とにかく稼ぎたい人には向いてるテーマです。

 

またDiverも同じくアフィリエイト向きのテーマですが、可愛い感じのデザインも迷う、という方にはいいですね。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑩:デメリット

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑩:デメリット

AFFINGER6(アフィンガー6)とDiver(ダイバー)の比較⑩:デメリット

 

続いてAFFINGER6Diverのデメリットについてもまとめます。

 

AFFINGER6のデメリット3つ

  • カスタマイズ性が高くデザインに迷う
  • テーマ導入しただけではデザインは変わらない
  • 操作に慣れるまで時間がかかる

 

Diverのデメリット3つ

  • AFFINGERに比べると収益性に劣る
  • 使用者が少ないので、ググってもすぐにわからないことも
  • 販売価格が高い

 

上記のような感じですね。AFFINGER、Diverともデメリットはあります。両方を比較して、ご自身に合ったテーマを選択してみてください。

 

AFFINGER6とDiverの共通点

AFFINGER6とDiverの共通点

AFFINGER6とDiverの共通点

 

最後にAFFINGER6とDiverの共通点を見ていきましょう。

 

AFFINGER6とDiverの共通点

  • 広告配置が自由
  • SEOに特化している
  • ブログアフィリエイト向き
  • AMP対応している
  • 複数サイトで使用可能
  • スライドショー機能
  • ランキング機能

 

こんな感じで、両テーマとも共通点が多いです。どちらも優秀なテーマなので、最終的にはデザインの好みなどで選択するのもありです。

 

この2つのテーマであれば、どちらでも後悔することはないと思います。自分に合ったテーマを選択しましょう。

 

まとめ:AFFINGER6とDiverの違いを理解して自分に合った方を選ぼう

まとめ:AFFINGER6とDiverの違いを理解して自分に合った方を選ぼう

まとめ:AFFINGER6とDiverの違いを理解して自分に合った方を選ぼう

 

今回はAFFINGERとDiverを10項目で徹底比較しました。

 

最後にもう一度おさらいします。

 

AFFINGER6とDiverの比較表

テーマ名AFFINGER6Diver
料金14,800円(税込み)17,980円(税込み)
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
サポート面
テーマ特典ありあり
高速表示速度
AMP対応
目次・人気記事の表示
ユーザー数
SEO内部対策
複数サイト使用
新エディタ対応
入力補助機能
ランキングページ
アップデート対応
公式サイトAFFINGER6Diver
総合評価

※表はスクロールできます。

 

結論、どちらもブログ運営に優れたテーマです。

 

しかし目的によってご自身に合ったテーマは違います。ブログを始めた目的を考えつつ、最適なテーマを選択してみてください。

 

もし、どうしても迷うようならAFFINGERをおすすめします。高機能で収益化しやすいテーマなので、選んでおいて後悔することはないかと。

 

本記事が参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

それでは本日はこの辺りで!

 

\ブロガー人気No.1有料テーマ/

AFFINGER6を購入する

※当サイト限定特典あり

\ブログアフィリエイト向き/

Diverを購入する

※当サイト限定特典あり

 

なお、当サイトはAFFINGER通常版からAFFINGER PACK3を購入し、収益がグンと伸びました。収益をさらに伸ばしたい方は、参考に以下もどうぞ。

関連記事
【AFFINGER PACK3】AFFINGER6 EX版を徹底レビュー【感想を公開】

続きを見る

 

 

関連記事【2022年】WordPressブログのおすすめテーマ10選を徹底比較

 

関連記事AFFINGER6とTHE THORを徹底比較!各項目別に違いを解説

 

-AFFINGER, WordPressテーマ