SEO対策 ブログ ブログのよくある悩み

【2022年版】SEOとは?SEO対策(検索エンジン最適化)の基本を解説

困ってる人
●SEOってなんですか?

●SEO対策や検索エンジンの仕組みについて詳しく知りたい。

 

今回はこのようなお悩みにお答えします。

 

こんな方におすすめ

  • SEOの理解を深めたい方
  • SEOの仕組みを知りたい方
  • ブログでアクセスを集めたい方

 

ブログでアクセスを集めるには、SEO対策の理解が欠かせません。

 

とはいえ、WordPressブログやWEBサイトの運営初心者の方は、検索エンジンの仕組みやGoogleの理念について深く知らない人も多いと思います。

 

SEOの理解を深めないまま、ただ記事を量産しても無駄なことになりかねません。まず基本的な仕組みを理解しSEO対策することが効率的です。

 

今回は、SEOとは?SEO対策とは何か、について詳しく解説していきます。

 

本記事を読めば、SEOの基本知識がつき、ブログサイト運営を効率良く進めていけるので、参考にしてみてください。

 

それでは早速始めていきます。

 

 

SEOとは?【基礎編】

SEOとは?

SEOとは?

 

早速、SEOについて見ていきましょう。

 

SEOとは?

 

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の頭文字をとった略称になります。検索エンジンに正しくサイトを理解してもらうことをSEO対策と言います。

 

SEO対策とは?

 

SEO対策とは、検索結果で自社のサイトを上位に表示させる対策のことです。マーケティング手法の1種になります。

 

具体的には、ユーザーが求める有益な価値あるコンテンツを提供し、検索エンジンに正しくページ内容を評価されるようWebページを最適化することを意味します。

 

例えば、「SEO対策」とユーザーが検索した際に、自身のWebサイトが検索結果上位に表示されるように対策を行うことです。

 

このSEO対策は大きく二つに分かれています。

  • SEO内部対策:ウェブページやサイトを検索エンジンに正しく評価してもらうようサイトを構築する
  • SEO外部対策:被リンクなど他サイトから評価をもらうようにする

特にSEO内部対策は検索エンジンに理解されるために、重要な対策です。

 

SEO対策の目的

 

SEO対策の一番の目的は、サイトへの集客です。

 

サイトへの集客はSNS、参照リンク、有料広告、など複数ありますが、SEO対策は無料でき、成功すれば大きな集客を見込める手法です。

 

ご自身の最終的な目標(収益、成果達成)に繋げる、SEOマーケティングの基本ですので、Webサイト運営をされる方は迷わず実施しましょう。そのためにはユーザーの検索意図や成果を上げやすいコンテンツ作りも必要になってきます。

>>SEOにおいて検索意図の理解は超重要【ブログ記事に活かす方法を解説】

 

SEO対策のメリット・デメリット

SEO対策のメリット・デメリット

SEO対策のメリット・デメリット

 

続いてSEO対策のメリット・デメリットについて解説します。メリットだけでなく、デメリットもあります。

 

SEO対策のメリット

 

SEO対策のメリットは以下になります。

 

  • コストが抑えられる:広告宣伝費がかからず、集客できるため基本的に無料
  • コンテンツが資産になる:SEO対策目的で作成したコンテンツを上位表示できると、安定した集客が見込める。結果コンテンツ自体が資産になる。
  • ブランディング効果になる:SEOで認知されれば、「○○のことなら△△のサイト」と認知アップに繋がります

 

SEO対策を極めれれば、寝ていても、作業しなくても集客できます。そうなれば、ブログで不労所得を得ることもできるのが大きな魅力です。

>>ブログで不労所得は実現可能です【方法を解説します※但し条件あり】

 

SEO対策のデメリット

 

続いてSEO対策のデメリットについてです。

 

  • 効果が表れるまで時間がかかる:SEO対策は速効性に欠けます。Googleに認知されるまでに時間がかかるからです。(詳細は後述)
  • 検索エンジンのアップデートで順位下落のリスクがある:Googleは定期的にアルゴリズムのアップデートをしています。これまで上位表示されていたキーワードがアップデートによって急に落ちる可能背があります
  • キーワードによっては上位表示困難な場合がある:ライバルが企業サイトの場合、個人サイトを検索結果上位に表示させるのは困難な場合があります

 

まとめると集客口をSEOだけにしておくのはリスクありという訳です。過去にはペンギンアップデートなど、大幅なアップデートでサイト順位が大きく変わることがありました。

>>参考:過去事例のペンギンアップデートとは

 

SEO以外にも集客口を複数持っておくことで、よりサイト運営を成功に近づけます。

>>ブログの集客方法3つとコツ10個を徹底解説【2022年版】

 

SEOで検索順位が決まる仕組み

SEOで検索順位が決まる仕組み

SEOで検索順位が決まる仕組み

 

SEO対策のメリット・デメリットがわかったら、SEOの仕組みについても正しく理解しておく必要があります。

 

Googleで検索結果順位が決まるのは以下の流れです。

  • クローリング:GoogleがWEBサイトを見つける
  • インデックス:GoogleがWEBサイトを検索エンジンに登録する
  • ランキング:GoogleがWEBサイトの検索順位をつける

上記の通り、Googleに見つけてもらい、登録してもらうことで始めて順位がつきます。詳細について1つずつ解説します。

 

手順①:クローリング

手順①:クローリング

手順①:クローリング

 

クローリングとはクローラーと呼ばれる、Googleロボットがインターネット上のWEBサイト情報を集める行動を指します。

 

基本的にユーザーは何もしなくても勝手にGoogleロボットがクローリングしてくれます。しかしWordPressでサイトを作ってすぐの状態や、サイトの信頼性、更新頻度が低い状態だとクローリングされるのが遅い場合があります。

 

そういった場合は『Googleサーチコンソール』を使えば、クローリングを促すことができ、より早くクローリングしてもらうことが可能です。

 

『Google Search Console』の詳細については、【2022年版】WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する方法&使い方を参考にご覧ください。Webサイト運営者には必須ツールです。

 

手順②:インデックス

手順②:インデックス

手順②:インデックス

 

GoogleのクローラーがWEBサイトをクローリングした後に、サイトやページに問題がなければ、Googleのデータベースへ情報が登録されます。

 

このデータベースへの登録を『インデックス』と言います。インデックスされていないとそもそも検索結果に表示されないので注意が必要です。

 

ちなみに以下のような場合は、クローリングされてもインデックス登録されないケースもあります。

  • 記事の品質が低い
  • コピーコンテンツ扱いを受けた
  • 記事の信頼性が低い

インデックス登録されていない=何らか記事に問題あり、と考えられます。この仕組みを知っていれば記事を改善しインデックス登録を促すことができますね。

 

インデックス登録を確認したい方は、「site:自分のWEBサイトURL」で確認可能です。

 

手順③:ランキング

手順:③ランキング

手順:③ランキング

 

最後にデータベースにインデックスされた情報はGoogleのアルゴリズムに従って検索順位付けがされます。

 

検索順位決定のためのアルゴリズムはGoogleから正式に公表されていません。ただ基本的にはGoogle理念に沿ったページがランキング上位に表示されるといわれています。

 

完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。
引用:Google 検索の仕組み | 便利な検索サービス

 

読者視点でユーザーニーズを満たすコンテンツがGoogleから高く評価されます。読者目線で、読者のためになる記事が高評価を受けやすく、結果的に検索順位にも影響します。

 

SEO対策=Googleの考え方を理解する

SEO対策=Googleの考え方を理解する

SEO対策=Googleの考え方を理解する

 

後ほどご紹介しますが、検索エンジンは複数あるものの日本でのシェアはGoogleとYahoo!でほとんどを占めています。

 

つまり、Googleの考え方を理解すれば、=SEO対策に近づけるという訳です。ここでは抑えておきたいGoogleの基本的な考え方をご紹介します。

 

その①:Googleが掲げる10の真実

 

まず抑えておきたいのが、Googleの掲げる10の真実です。

 

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3. 遅いより速いほうがいい。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

8. 情報のニーズはすべての国境を越える。

9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10. 「すばらしい」では足りない。

引用:Googleが掲げる10の事実

 

特に重要なことは「読者のためになる」、「表示速度が速く、モバイルユーザビリティを向上する」、「専門性を高める」この3つです。この考え方を理解してコンテンツ作り、Webサイト構築をすれば、SEO対策に繋がります。

 

その②:E-A-T

 

E-A-Tとは、ウェブサイトを評価する最重要項目としてGoogleが掲げる3つの評価基準のこと。それらの頭文字を表します。

  • E:Expertise(専門性)
  • A:Authoritativeness(権威性)
  • T:Trustworthiness(信頼性)

先ほどの「Googleの掲げる10の真実」にも通じますが、専門性を高めること、権威性、信頼性を高めることが重要視されています。

 

コンテンツを作成する上では、サイトの専門性を高める方がGoogleからは評価されやすくなります。特化サイトにするか、雑記サイトにするかこの辺りは個人でWebサイトを運営されてる方には難しいところです。

>>雑記ブログ or 特化ブログどっちがおすすめ?

 

その③:YMYL

 

YMYLとは「Your Money or Your Life」の頭文字をとったもので、個人の生活やお金、健康に関係するテーマを指します。

 

例えばYMYLとは以下のようなものです。

  • 医療・健康に関係するコンテンツ
  • 投資・金融に関するコンテンツ
  • 政治・法律に関係するコンテンツ

このようなYMYLジャンルは、企業などの極めて専門性の高いサイトでないと、上位表示することができません。個人に大きな影響を与えるジャンルになりますので、より高い信頼性や専門性が求められるからです。

 

そのため、個人でWebサイト運営、ブログをされてる方はYMYLジャンルを避けるのが得策です。コンテンツ作成前にYMYLジャンルに該当していないか確認するようにしましょう。

>>ブログアフィリエイトのジャンル選び方のポイント3つ【初心者向け】

 

SEO対策の種類

SEO対策の種類

SEO対策の種類

 

前半の方でSEO対策の種類について簡単に紹介しましたが、SEO対策として以下3つを理解しましょう。

 

SEO対策の種類

  • 内部対策
  • 外部対策
  • コンテンツSEO対策

順番に解説します。

 

内部対策

 

SEOにおける内部対策とは、「検索エンジンやユーザーが理解しやすいWebページにする」ことを指します。

 

Webページを理解しやすい=最適化することで、Googleに素早くクロールされ、インデックスされる効果を高めることができます。

 

具体的には、以下のような施策です。

  • パンくずリストを設置する
  • ページタイトルを最適化
  • メタディスクリプションを設定する
  • 見出しタグを設定する
  • alt属性を設定
  • 内部リンクの設置
  • 構造化データマークアップの実施
  • 不要なページをnonindexする

これでもまだ一部ですが、このような地道な施策でWebサイト構造が理解されやすくなります。上記の対応でWebページの言語HTMLを最適化し、クロールを促進できます。

 

ただ、Webサイト運営未経験の方がいきなり上記の内部対策をするのは、簡単ではありません。とはいえSEO対策しないと集客できず、目標収益も達成できない、、となる可能性大。

 

そこで、WordPressテーマを使用します。テーマはWebサイト全体のデザインだけでなく、内部対策もばっちり完了したテーマが普及しています。

無料版だと内部対策が不十分なため、内部対策が万全な有料テーマを使うのがおすすめです。少々お高く感じるかもですが、必要な初期投資です。

 

後からのテーマ変更は、記事全体の修正が必要になり面倒なので、最初の内に導入しておきましょう。迷った方は、AFFINGER6SWELLを導入しておけば間違いありませんよ。

>>【2022年】WordPressブログのおすすめテーマ11選【無料版と有料版を徹底比較】

 

外部対策

 

続いて外部対策とは、関連のある他サイトから被リンクを受け、評価を得るための施策です。

 

被リンクを受けているサイト=他サイトに役立っている良いサイトとGoogleは考えているため、被リンクの獲得は検索順位アップに大きく役立ちます。

 

被リンクで評価を上げるには、

  • 自サイトと関連の高いサイト
  • 自演ではなく、自然にもらって被リンク
  • 有効な被リンク:nofollow属性でないこと

これらが条件になります。被リンク欲しさに自分でリンクを集めてしまうと、ペナルティを受ける可能性があるので、注意しましょう。

 

被リンクを獲得するには

結論、良質なコンテンツ作りが必要です。初心者の方が最初から被リンク獲得はできません。地道なコンテンツ作りが被リンク獲得に身を結びます。

 

コンテンツSEO

 

コンテンツSEOとは、ユーザーに有益なコンテンツを作成し、SEO評価を高め検索上位を目指す対策のことです。

 

サイト内部が正しく構築され、トップページが被リンクを受けても、コンテンツ自体の質が低ければ上位獲得はできません。上位獲得には、

  • 読者の検索意図を理解
  • キーワード選定
  • キーワードを織り込んで記事を作成
  • 関連コンテンツを増やす

という感じで、設計できます。良質なコンテンツはサイト全体の評価も底上げします。コンテンツ作りに力を入れることがSEO対策の1つです。

 

【SEOの基盤】検索エンジンについて

【SEOの基盤】検索エンジンについて

【SEOの基盤】検索エンジンについて

 

SEO対策を実施するそもそもの基盤は検索エンジンです。その検索エンジンにもGoogle以外にいくつか種類があります。

 

このデータベースは図書館のようなもので、新しい情報が絶えず増え続けています。ユーザーが検索したワードに対して、最適な情報を図書館の中から見つけそれを表示させるのが検索エンジンになります。

 

検索エンジンの主な役割はユーザーのニーズをくみ取り最適情報を提供することです。検索エンジンごとにアルゴリズムも異なり、Googleではだめだけど、他検索エンジンだと上位表示されてる、なんてこともあります。

 

ここでは検索エンジンの代表例について4つほどご紹介します。

 

検索エンジンの代表例4つ

  • ①Google
  • ②Yahoo!
  • ③Bing
  • ④Baidu

 

順番にご紹介します。

 

Google:世界最大手検索エンジンの定番

全世界のシェア70%以上を誇る検索エンジンの王道です。言うまでもなく検索エンジン=Googleというのが定着していると思います。

 

検索結果上位表示させる=Googleエンジンの検索結果に上位表示させることを指すのが一般的です。

 

近年数多くの企業がWEBサイト運営などに参入しているため、年々SEO上位表示させるのは難しくなっているようです。

 

Yahoo!:国内最大手の検索エンジン

 

日本国内の検索エンジンではGoogleよりもYahoo!が多く使われていましたが、2022年現在はGoogleの方がシェアが多いです。

 

Yahoo!の検索エンジンアルゴリズムはGoogleと同じものを採用しているため、基本的には同じものになります。私はGoogle派ですがYahoo!派という人が周りに結構いるので、使ってる方が多い印象です。

 

Bing:Microsoft社の検索エンジン

 

アメリカのMicrosoft社が運営する検索エンジンです。日本国内でのシェアは第3位になります。

 

精度はGoogleと変わらないと言われています。Windowsなどのスタート画面にデフォルトとして設定されているため案外使う方もいるのではといった感じです。

 

少ないですが、シェアはあるのでサイト運営をされてる方は、Googleサーチコンソールと同じような機能のBing webmasterを使ってみましょう。

 

Baidu:中国最大手の検索エンジン

Baiduは中国最大手の検索エンジンで中国内でのシェアは40%以上になります。

 

インターフェースが中国語ですが中国にWEBサイトを進出させたいなんて方は使ってみるのもいいかもしれません。ただ、Googleと比べると使い勝手は劣るので、興味がある方は使うくらいでOKだと思います。

>>Baidu公式サイトはこちら

 

 

SEO対策で欠かせないツール3つ

SEO対策で欠かせないツール3つ

SEO対策で欠かせないツール3つ

 

SEO対策する上ではツール利用が欠かせません。導入必須の3ツールについてご紹介します。

 

SEO対策で欠かせないツール3選

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • Rank Tracker

 

その①:Googleアナリティクス

その①:Googleアナリティクス

 

Googleアナリティクスはブログのアクセス解析ができる便利ツールです。

 

具体的には下記のようなことが確認できます。

 

Googleアナリティクス使い方・確認できること

  • ①ユーザー数
  • ②セッション数
  • ③ページビュー数(PV数)
  • ④直帰率
  • ⑤平均ページ滞在時間
  • ⑥離脱率
  • ⑦集客

 

Googleが提供する無料ツールなので、まだ登録してない方はすぐに登録しておきましょう。

>>Googleアナリティクス公式サイトへ

 

登録方法についてはWordPressでGoogleアナリティクスを設定する方法!使い方・解析の見方も【便利ツール】で詳しく解説しています。

 

その②:Googleサーチコンソール

その②:Googleサーチコンソール

 

Googleサーチコンソールは公開した記事のインデックス登録や検索順位を確認できるGoogleの無料ツールです。

 

具体的には下記のような活用ができます。

 

Googleサーチコンソールの使い方・活用方法

  • ①新規記事のインデックスをリクエスト
  • ②検索順位を確認
  • ③検索キーワードを確認

 

Googleアナリティクスを設定した方は、サーチコンソールも合わせて設定しておきましょう

>>Googleサーチコンソール公式サイトへ

 

登録方法についてはWordPressでGoogleサーチコンソールを登録する方法&使い方を参考にご覧ください。

 

関連記事
【2022年版】WordPressでGoogleサーチコンソールを設定する方法【使い方もご紹介】

続きを見る

 

その③:SEO検索順位チェックツール

その③:SEO検索順位チェックツール

その③:SEO検索順位チェックツール

 

SEO検索順位チェックツールは、SEO対策を実施した後の効果確認をするのに欠かせません。それに役立つのがRank Trackerです。

 

狙ったキーワードがGoogleの検索順位で何位なのかをチェックできるツールになります。

 

Rank Trackerを使えば、

  • 改善すべき記事がわかる
  • 公開後の記事順位がわかる
  • リライト後の効果をチェックできる

を始めとして、多数のことを効率よく進められます。記事の分析⇒改善をするには欠かせないツールです

 

Rank Tracker画面

Rank Tracker画面

 

当ブログも上記の通りRank Trackerを利用しています。リライトを重ねたおかげもあり、多くのキーワードで検索順位1位を獲得することができました。

 

ブログやWebサイトで稼ぎたい方は、導入しておくべきツールです。

\SEO順位計測最強ツール/

Rank Tracker公式サイトはこちら

 

関連記事
Rank Tracker(SEO検索順位チェックツール)の登録方法・使い方をレビュー
Rank Tracker(SEO検索順位チェックツール)の登録方法・使い方をレビュー

続きを見る

 

※ちなみに無料でも利用できます。

>>Rank Trackerの無料版でできること7つ【有料版との比較あり】

 

SEOの基本対策8つ【上位表示を目指す】

SEOの基本対策8つ【上位表示を目指す】

SEOの基本対策8つ【上位表示を目指す】

 

実施しておきたいSEO対策の基本項目について8つご紹介します。

 

その①:ペルソナ設定

 

SEO対策=良質なコンテンツ作成が基本です。良質なコンテンツを作成するには、「どんな人が記事を読むか」といった想定読者の理解が必要になります。

 

これをペルソナといいますが、正しいペルソナ設定は読者の検索意図を捉えることになり、記事の滞在時間が増えればGoogleからも評価されやすくなります。

 

例えば、痩せたい人が「痩せ方 方法」と調べた時に表示されるのは、痩せ方の記事ですよね。その表示された記事の中身が瘦せ方について言及されていれば読者は読むでしょうし、逆に意図しない内容だと読まずに他のサイトに移ってしまう、となってしまいます。

 

こんな感じで、まずは「どういった人向けの記事なのか」の理解がコンテンツの質を高めます。ペルソナ設定はそこまで難しくありませんので、1つずつ実践しましょう。

 

関連記事ブログでペルソナを設定する方法を解説【3つの手順でOK】

 

その②:キーワード選定

 

SEO対策の基本であるキーワード選定です。先ほどご紹介したコンテンツSEOの対策に直結します。

 

例えば、「SEO対策 やり方」というキーワードを狙って、そのキーワードで上位表示するように記事を書くやり方です。この場合キーワードプランナーを使い、ラッコキーワードを使い、と複数のツールを活用し、キーワードを洗い出します。

 

このようにキーワードを決めて記事を書くのが、SEO対策の基本です。キーワードも決めずに記事を書いても無駄な記事を量産するだけですね。

 

キーワード選定の手順

上記のような流れです。キーワード選定をし記事を執筆する習慣を身につけましょう。

 

関連記事SEOキーワード選定のやり方を5つの手順で解説【選定のコツも】

 

その③:タイトル設定

 

SEO対策の基本としてタイトル設定も重要です。

 

タイトルタグは、ユーザーの検索結果にも影響されるものでして、検索順位だけでなくクリック率にも影響する部分になります。適当に設定すればOK、という訳ではなく、以下のようなコツを活かすのが大事です。

  • キーワードは左詰めで
  • 35文字以下でまとめる
  • 数字やSEOワードを入れる

上記を意識することで、良質なコンテンツおよび、読者にクリックされやすいコンテンツになります。

 

関連記事ブログタイトルの付け方のコツ5選【クリックしたくなるテンプレも紹介】

 

その④:内部リンク構造の最適化

 

内部リンクとは、自サイト内で記事同士をつなぐリンクを作成することです。

 

内部リンクを設定することで、クローラーのサイト内巡回を促し、インデックスを進めることができます。

内部リンクの例

 

例えば、上記のような感じで、関連性の高いページ同士をつなぐことで、読者の満足度も高まりGoogleからの評価も上がります。

 

内部リンクを増やすには記事の量を担保する必要がありますので、最初の頃は量を稼ぐことも重要です。

>>ブログで重視すべきは『質』と『量』どっち?【結論:どちらも大切】

 

その⑤:ページエクスペリエンス向上

 

ページエクスペリエンスとは、以下のようなもの指します。

  • Webページのみなすさ
  • 記事の読みさすさ
  • モバイルの利便性向上
  • 記事内リンクのクリックのしやすさ

上記のようなものでして、SEOに影響を与える指標の1つです。

 

ページエクスペリエンスの概要

 

Googleサーチコンソールでページエクスペリエンスの記事内割合を確認できます。合格するように記事を改善すれば、SEO対策に繋がります。

 

その⑥:低品質コンテンツの削除・改善

 

ユーザーから求められない低品質なコンテンツは削除・または改善するようにすべきです。

 

サイト評価は全体コンテンツを平均化したようなイメージです。他が良くても1つダメな記事があると全体の足を引っ張ってしまいます。

 

一つの指標として、先ほど紹介したRank Trackerにて検索順位50位以下の記事=低品質なコンテンツとみなして良しです。他に低品質な指標としては以下をご覧ください。

  • キーワード選定されていない記事
  • 自動生成されたコンテンツ
  • 文字数が2000文字以下の内容のないコンテンツ
  • 他サイトの類似のコピーコンテンツ
  • 検索順位50位以下のコンテンツ

上記に該当する場合は、やむなく記事を削除することも検討してください。とはいえせっかく作った記事を消したくない、、という方はリライトで記事を改善しましょう。

 

SEO対策はサイト全体設計です。ダメな記事があるなら1つ1つ消しこんでいくことでサイト評価低下を防ぐことができます。

 

関連記事ブログのリライトのやり方を解説!SEO順位を上げる方法【初心者向け】

 

その⑦:ページスピードの改善

 

サイトスピードの改善はSEO対策の基本項目です。Googleが掲げる10の真実にもあるように、遅いよりも速いサイトをGoogleは好みます。

 

読み込み速度が遅いと読者の離脱率も高くなる一方、速度が速いとユーザーの利便性向上に繋がります。自分のサイトは問題ないかチェックしておく必要があります。

  • サイトスピードが遅い
  • 読者の離脱率が高くなる
  • アフィリエイト収益が低下する

といった感じで、サイトスピードが収益に悪影響を及ぼします。

 

ご自身のサイトスピードは以下サイトでチェックできます。

>>Page Speed Insights(ページスピードインサイト)はこちら

 

こちらのサイトスピードは使用するWordPressテーマによって左右されますので、テーマ選びはここでも影響してきます。当ブログが使用中のAFFINGER6であれば、高速化を実現できます。

 

詳細はAFFINGER6の評判は?本音を徹底レビューをご覧ください。

 

高速化されたサイトテーマの選定以外にもプラグインでサイト高速化は可能ですので、SEO対策の基本をして実施しておきましょう。

関連記事『使用していない JavaScriptの削除』を改善する方法【サイトスピードUP】

 

その⑧:被リンク対策

 

SEO対策基本の最後は、被リンク対策です。前提として、被リンクを集めるには簡単ではありません。

 

ですが、被リンク獲得のコツとしては以下が挙げられます。

  • SNSで記事のシェア
  • 高品質なコンテンツ作成
  • 被リンク掲載頂けないか営業

こういった地道な活動が必要になります。身を結べば、サイテーション(指名検索)につながりサイトの評価も高まります。

 

Webサイトやブログ運営をするときは、コンテンツ作成と並行してSNSにも力を入れることで、Webサイトの認知向上、被リンク獲得に繋がります。

 

SEO対策で避けたいこと

SEO対策で避けたいこと

SEO対策で避けたいこと

 

最後にSEO対策で避けたいことを記載します。Googleの利用規約に違反する行動は基本NGです。

例えば、以下のようなものです。

  • 隠しテキスト、隠しリンクの作成
  • コピーコンテンツの作成
  • キーワードの杖込み
  • 購入した自演被リンク
  • 自動コンテンツの作成

このようなSEO手法はGoogleからペナルティを受ける対象となります。一度ペナルティを受けると、検索圏外にいって表示されなくなる可能性があるので、ブラックハットSEO(悪徳なSEO手法)は絶対に実施しないようにしてください。

 

正しくSEOを理解し、SEO対策していくことが遠回りなように思えて、一番の近道です。

 

まとめ:SEO対策の基本をおさえてサイト構築しよう

まとめ:SEO対策の基本をおさえてサイト構築しよう

まとめ:SEO対策の基本をおさえてサイト構築しよう

 

今回は、SEOとは?SEO対策とは何か、について解説しました。

 

SEOは知れば知るほど奥が深いです。同時に何が正解かがわからなくもなってきますが、一番大事にしたいことはGoogle理念にもある『ユーザー視点』です。

 

SEO対策の基本、考え方を理解し、実践することでやっと集客ができるようになり、そこからスタートです。SEO対策は地道なものが多いですが、1つずつ実践していきましょう。

 

本記事が参考になれば幸いです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それでは本日はこの辺りで。

 

関連記事ブログ記事が検索結果に表示されない・・原因と対策方法について解説

 

関連記事【2022年版】ブログはオワコンじゃないって本当?稼げる理由とオワコン化を解説

 

-SEO対策, ブログ, ブログのよくある悩み