AFFINGER WordPressテーマ

AFFINGER6とSTORK19の違いを徹底比較【10項目で違いを比較】

困ってる人
●WordPressテーマのAFFINGERとSTORK19の違いについて知りたい。

●AFFINGER6とSTORK19で迷ってるけど、どっちがおすすめなの??各項目を比較して違いを教えてほしい。

 

今回はこんなお悩みを解決していきます。

 

こんな方におすすめ

  • WordPressテーマ選びに迷ってる方
  • AFFINGERとSTORK19の違いが知りたい方
  • AFFINGER6とSTORK19でどっちにするか迷ってる方

 

WordPressテーマはたくさんあり、なかなかどれにするか決められないですよね。

 

その中でAFFINGER6STORK19は両テーマとも違った魅力があるので、迷ってしまう方もいるかもしれません。

 

そんな方に向けて、

  • AFFINGER6とSTORK19の違いについて
  • AFFINGER6とSTORK19の良いところ
  • AFFINGER6とSTORK19の悪いところ

がそれぞれわかるように本記事でご紹介します。

 

今回はWordPress有料テーマのAFFINGERとSTORK19を徹底比較し、各項目ごとに違いを比べていきます。

 

本記事を読めば、AFFINGER6とSTORK19の違いを理解し、自分に合ったテーマを見つけられると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

 

ブログ運営の目的によって、ご自身に合う合わないテーマがあります。しっかり比較していくのでチェックしてみてください。

 

なお、当サイト経由でAFFINGERを購入頂いた方に限定特典10個を無料でプレゼントしています。AFFINGER6ではさらに公式特典もあるので、気になった方はお得にゲットしてみてください。

>>AFFINGER6の特典10個付きレビュー!評判を徹底解説

 

それでは早速始めていきます。

 

目次

 

【結論】AFFINGER(アフィンガー)とSTORK19(ストーク)は結局どっちがいい?

【結論】AFFINGER(アフィンガー)とSTORK19(ストーク)は結局どっちがいい?

【結論】AFFINGER(アフィンガー)とSTORK19(ストーク)は結局どっちがいい?

 

結論から言うと、AFFINGER6とSTORK19どっちがいいかは、ブログ運営の目的によって変わります。

 

AFFINGER6がおすすめな人

  • ブログで絶対稼ぎたい
  • 高機能をたくさんほしい
  • カッコイイサイトを作りたい

 

STORK19がおすすめな人

  • 可愛い感じのサイトを作りたい
  • お手頃価格でテーマを入手したい
  • 初心者にも使いやすいテーマを使いたい

 

上記のような感じです。ご自身のブログ運営に合ったテーマを選ぶのがおすすめです。

 

ちなみに当ブログはブログアフィリエイトで稼ぎたい!という思いが強かったので、AFFINGER6にしました。結果的に月5桁稼げるようになったので、満足しています。

 

2つとも魅力が異なるので、自分に合うテーマを選ぶのがベストです。それでは各項目を1つずつ比較してみていきましょう。

 

>>AFFINGER6公式サイトを見てみる

※クリックすると公式サイトへアクセスします。

 

>>STORK19公式サイトを見てみる

※クリックすると公式サイトへアクセスします。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の違い【比較表】

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の違い【比較表】

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の違い【比較表】

 

AFFINGER6(アフィンガー6)STORK19の各項目を表でまとめました。それぞれの違いは以下のような感じです。

 

AFFINGER6とSTORK19の比較表

テーマ名AFFINGER6STORK19
料金14,800円(税込み)11,000円(税込み)
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
サポート面
テーマ特典ありなし
高速表示速度
AMP対応×
目次・人気記事の表示
ユーザー数
SEO内部対策
複数サイト使用×
新エディタ対応
入力補助機能
ランキングページ
アップデート対応
公式サイトAFFINGER6STORK19
総合評価

※表はスクロールできます。

 

上記のような感じです。詳細は次で見ていきましょう。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較①:料金プラン

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較①:料金プラン

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較①:料金プラン

 

AFFINGER6とSTORK19の料金プランは以下です。

  • AFFINGER6:14800円
  • STORK19:11000円

※最安値プランで比較。

 

それぞれの料金プランについてもう少し詳しく見ていきます。

 

AFFINGERの料金プランは2種類

 

AFFINGER6の料金プランは以下2つ。

 

テーマプラン値段特典
ACTION(AFFINGER6版)14,800円(税込み)・STINGERタグ管理マネージャー3
・クレジット削除プラグイン
AFFINGER EX(PACK3)39,800円(税込み)・AFFINGERタグ管理マネージャー4
・ABテストプラグイン
・AffiliateRun~なぜ売れないか?

 

上記のような感じですね。AFFINGER6ではACTIONパック・PACK3ともに特典が付きます。

 

普通に購入すると10000円以上の代物なので、お得にゲットできるかと。また当サイトからの購入でさらに限定特典10個がつきます。

 

AFFINGER PACK3はAFFINGERの隠された機能を全て発揮できるテーマです。絶対にブログで稼ぎたい方には必要な機能が全て備わっています。

 

AFFINGERには上記2つのプランがあるので、AFFINGERがいいなと思った方は2つのプランを比較しておくのもいいかと思います。
関連記事
【AFFINGER PACK3】AFFINGER6 EX版を徹底レビュー【感想を公開】

続きを見る

 

STORK19の料金プラン

 

続いてSTORK19の料金プランです。

テーマプラン値段特典
STORK1911,000円(税込)なし

 

AFFINGERと違い公式特典や、当ブログからの購入特典がありません。<(_ _)>(特典をつけられないため。)

 

しかし値段は11000円とAFFINGER6よりも3000円ほどお安く購入できます。お手頃価格でテーマを購入したい方は、STORK19もありです。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較②:デザイン性

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較②:デザイン性

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較②:デザイン性

 

AFFINGERとSTORK19のデザイン性の比較は下記になります。

 

テーマ名AFFINGER6STORK19
デザイン性

 

AFFINGERデザイン例

AFFINGERデザイン例

 

AFFINGER6のデザイン例については上記のような感じ。スタイリッシュなデザインから可愛らしいデザインまで作れます。

 

特にブログカードやスライドショーなど良い感じのデザインがボタン一つで作れちゃいます。

 

さらにデザインが苦手な方向けにデザインテンプレートが配布されているので、時間をかけずおしゃれなサイトを作りたいならデザインテンプレートもありです。

 

>>AFFINGER6のデザインテンプレートを見てみる

※クリックすると公式サイトへアクセスします。

 

STORK19のデザイン例

STORK19のデザイン例

STORK19のデザイン例

 

続いてSTORK19のデザイン例です。STORK19は上記のような可愛い感じのサイトが作れます。

 

 

STORK19はAFFINGERに比べて、デザインテンプレートの数は4個ほどで少ないです。しかし、上記のようなスマホで見やすいカード型表示もできます。

 

STORK19はモバイルファーストが特徴なテーマです。モバイル版で見やすいサイトを作りたいならSTORK19はありですね。

 

>>STORK19のデザインをチェックする

※クリックすると公式サイトへアクセスします。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較③:カスタマイズ性

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較③:カスタマイズ性

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較③:カスタマイズ性

 

AFFINGER6とSTORK19のカスタマイズ性はこんな感じです。

 

テーマ名AFFINGER6STORK19
カスタマイズ性

 

各テーマ詳しく見ていきましょう。

 

AFFINGER6のカスタマイズ性

 

AFFINGER6の最大の特徴はカスタマイズ性の高さです。

 

アフィリエイトで成果を上げたい方によって、広告配置も自由自在で、よく見られる位置に配置もできるので、収益性が高いと言われています。

 

AFFINGER6のウィジェット画面

AFFINGER6のウィジェット画面

 

例えば、サイトをカスタマイズする機能1つであるウィジェットを参考に見てみると上記のような感じです。かなり細かい部分まで設定できます。

 

細部までこだわって、カスタムしたい方にはAFFINGERは最適ですね。

>>AFFINGER6の公式サイトをチェックする

 

合わせて読みたい

なお詳細は、AFFINGER6のカスタマイズ方法まとめ【目的別にデザインを設定しよう】で詳しく解説してるので、気になった方は参考にどうぞ。

 

STORK19のカスタマイズ性

 

STORK19はのカスタマイズ性はアフィンガーと比べると少々物足りないかも。

 

STORK19カスタマイズ例

 

上記のような感じでして、ぶっちゃけるとカスタマイズ性は少々劣ります。

 

しかし、STORK19の魅力はその使いやすさです。シンプルだからこそ初心者でも使い勝手が良いのです。

 

カスタマイズよりも早く簡単にサイトを作りたい方は、STORK19が向いてるかもしれません。

>>STORK19の公式サイトをチェックする

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較④:使いやすさ

AFFINGER6(アフィンガー6)とJIN(ジン)の比較④:使いやすさ

AFFINGER6(アフィンガー6)とJIN(ジン)の比較④:使いやすさ

 

AFFINGER6STORK19の使いやすさの比較は以下になります。

 

テーマ名AFFINGER6STORK19
使いやすさ

 

AFFINGER6の使いやすさ

 

結論、AFFINGER6は使いやすいという声が結構ありました。

 

 

高機能のため、ブログ初心者でも大丈夫なの?という心配する方も多いと思います。しかし使っていれば慣れますし、そこまで心配いりません。

 

STORK19の使いやすさ

 

続いてSTORK19の使いやすさについてです。

 

 

上記のような感じでして、使いやすいテーマ=STORK19ともいわれてるほど。使いやすさで有名なテーマです。

 

始めてブログに挑戦する方には、STORK19は初心者に寄り添ったテーマになります。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑤:サポート面

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑤:サポート面

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑤:サポート面

 

続いてAFFINGER6とSTORK19のサポート面についてです。

 

テーマ名AFFINGER6STORK19
サポート面

 

順番に見ていきましょう。

 

AFFINGER6のサポート面

 

AFFINGER6では購入者限定の専用ページが設けられています。

 

また充実したマニュアルが公式サイトでも扱われているので、初心者の方でも安心して利用できるかと思います。

 

さらに購入者同士のフォーラムで疑問について質問できるので、困っても質問すればOK。

 

また当ブログからAFFINGER6を購入された方には質問対応していますので、困っても大丈夫です。

 

STORK19のサポート面

 

STORK19のサポート面は抜群です。

 

STORK19のサポート例

STORK19のサポート

 

上記のような感じで、STORK19はテーマの使い方が分からなくても、お問い合わせから質問することができます。

 

両テーマに大きな違いはありませんが、STORK19は不明点も解決しやすいので、サポート面ではAFFINGERを若干上回ってます。

 

サポート体制は両テーマとも十分です。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑥:高速表示速度

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑥:高速表示速度

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑥:高速表示速度

 

AFFINGER6STORK19の表示速度について比較します。

 

今回は同じ条件で確認するためにデモサイトのスピードを計測しました。違いを比較しますね。

 

テーマ名AFFINGER6STORK19
高速表示速度

 

順番に見ていきましょう。

 

AFFINGER6の表示速度

 

AFFINGER6の表示速度は以下のような感じです。

 

AFFINGER6:デモサイトのスピード

 

デモサイトのスピードはまあまあといったところです。しかしプラグインなどで対策をすれば、もっと高得点を取ることは可能です。

 

AFFINGER6の表示速度

AFFINGER6の表示速度

 

上記のような感じですね。サイトスピードはSEOにも直結します。

 

例えば、クリックしたサイトがなかなか読み込まなかったら、イライラしませんか?読み込みが遅いサイトは、読まれずに読者に離脱されてしまいます。

 

表示速度の速さはブログ運営で欠かせない要素です。できる限り速度の速いテーマを選んでおきましょう。

>>AFFINGER6の公式サイトをチェックする

 

STORK19の表示速度

 

続いてSTORK19の表示速度についてです。

 

STORK19の表示速度

 

AFFINGER6よりも早い結果となりました。シンプルなカスタマイズが多いため、速度を邪魔する要素が少ないためです。

 

とはいえ、AFFINGER6はAMPという表示速度を早くする技術に対応しているので、AMPをONにすれば、高速化対策が可能です。一方STORK19はAMP対応していません。

 

STORK19は早いテーマなのでAMP対応していなくても、そこまで心配しなくて良いかと。

 

>>STORK19の公式サイトをチェックする

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑦:SEO内部対策

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑦:SEO内部対策

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑦:SEO内部対策

 

AFFINGER6とSTORK19のSEO内部対策について違いを比較します。

 

SEO内部対策とは

Googleで検索した時に検索上位に表示されるように対策を行うこと。SEO内部対策ができていると検索上位になりやすく、収益化UPには必須の項目です。

 

テーマ名AFFINGER6STORK19
SEO内部対策

 

AFFINGER6のSEO内部対策

 

AFFINGER6はSEO内部対策が抜群です。

 

なぜなら、以下のような施策がばっちり施されているから。

  • メタタグ
  • パンくずリスト
  • モバイルフレンドリー
  • index、noindex

上記は一部ですが、収益化に特化しているテーマですので、上位表示しやすくなるSEO内部対策もしっかりしています。

 

またAFFINGER6を使ってる方は、SEO効果を実感されている方も多いです。

 

 

僕もAFFINGER6に変えてから検索流入が増えたので、SEOに強いと実感しています。

>>AFFINGER6の公式サイトをチェックする

 

STORK19のSEO内部対策

 

対してSTORK19はSEO内部対策にはプラグインが必要になります。

 

AFFINGERでテーマに備わっているメタタグやメタディスクリプションの設定がSTORK19には備わっていません。SEO対策がどちらが万全かという観点で見れば、AFFINGERの勝利です。

 

AFFINGERとSTORK19に限らず、WordPressテーマ選ぶ際は『SEO内部対策が十分か』をチェックしましょう。

 

とはいえ、有料テーマなので、明確にSEO対策に差があるかといえばそうではありません。それよりも大事なのは、コンテンツの質なので、ブログをしっかり書くことが必要です。

>>STORK19の公式サイトをチェックする

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑧:複数サイトの利用

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑧:複数サイトの利用

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑧:複数サイトの利用

 

AFFINGER6とSTORK19の複数サイトの利用を比較します。

 

テーマ名AFFINGER6STORK19
複数サイトの利用×

 

結論、AFFINGERは複数サイトの利用OKです。つまり一度購入してしまえば、2つ目のサイトにもテーマを導入できるということになります。

 

例えば、サイトを3つ運営するなら、AFFINGER6なら実質5000円ほどで利用できるというわけです。

 

一方STORK19は1つのサイトでしか使用できません。今後2つ目のサイトを作る可能性が少しでもある方は、複数サイトに使えるライセンスのあるAFFINGERがいいでしょう。

 

もし今後複数サイトを運営していきたいと考えてるならチェックしておきたい項目ですよ。

 

\高機能で収益性抜群/

AFFINGER公式サイトへ

※テーマの詳細をチェックできます

\使いやすさ重視なら/

STORK19公式サイトへ

※テーマの詳細をチェックできます

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑨:メリット

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑨:メリット

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑨:メリット

 

AFFINGER6STORK19のメリットを比較します。両テーマで違いをご紹介しますね。

 

AFFINGER6のメリット4つ

  • サイトデザインが無限大に作れる
  • カスタマイズ性が抜群で収益性UP
  • 内部SEO対策が万全
  • ユーザーが多くわからないことも調べたらすぐに出てくる

 

STORK19のメリット4つ

  • 可愛いサイトが作れる
  • 初心者でも使いやすい
  • サポート体制が良い
  • お値段が安い

 

AFFINGER6が『稼ぎたい人向け』に紹介される理由はやはりカスタマイズ性の高さですね。とにかく稼ぎたい人には向いてるテーマです。

 

一方STORK19は使いやすさや可愛い感じのデザインが魅力なテーマなので、ブログ運営を楽しんでやっていきたいという方には向いてますよ。

 

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑩:デメリット

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑩:デメリット

AFFINGER6(アフィンガー6)とSTORK19(ストーク)の比較⑩:デメリット

 

続いてAFFINGER6STORK19のデメリットの違いについて比較します。

 

AFFINGER6のデメリット3つ

  • カスタマイズ性が高くデザインに迷う
  • テーマ導入しただけではデザインは変わらない
  • 操作に慣れるまで時間がかかる

 

STORK19のデメリット3つ

  • ブログで稼ぎたい人には向いてない
  • SEO対策にプラグインが必要
  • 慣れると機能が物足りない

 

AFFINGER、STORK19ともデメリットはあります。両方を比較して、ご自身に合ったテーマを選択してみてください。

 

AFFINGER6(アフィンガー)とSTORK19(ストーク)の共通点

AFFINGER6(アフィンガー)とSTORK19(ストーク)の共通点

AFFINGER6(アフィンガー)とSTORK19(ストーク)の共通点

 

最後にAFFINGER6とSTORK19の共通点を見ていきましょう。

 

AFFINGER6とSTORK19の共通点

  • 吹き出し機能
  • ボックス機能
  • デザインがおしゃれ
  • ブログ向き

 

どちらもブログ運営に役立つ機能が備わっています。どちらも優秀なテーマなので、どっちを選んでも後悔することはきっとないでしょう。

 

とはいえ、自分に合う、合わないのテーマがあります。目的に合ったテーマを選択しましょう。

 

まとめ:AFFINGER6とSTORK19の違いを理解して自分に合った方を選ぼう

まとめ:AFFINGER6とSTORK19の違いを理解して自分に合った方を選ぼう

まとめ:AFFINGER6とSTORK19の違いを理解して自分に合った方を選ぼう

 

今回はAFFINGERとSTORK19を10項目で徹底比較しました。

 

最後にもう一度おさらいします。

 

AFFINGER6とSTORK19の比較表

テーマ名AFFINGER6STORK19
料金14,800円(税込み)11,000円(税込み)
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
サポート面
テーマ特典ありなし
高速表示速度
AMP対応×
目次・人気記事の表示
ユーザー数
SEO内部対策
複数サイト使用×
新エディタ対応
入力補助機能
ランキングページ
アップデート対応
公式サイトAFFINGER6STORK19
総合評価

※表はスクロールできます。

 

結論、どちらもブログ運営に優れたWordPressテーマです。

 

しかし目的によってご自身に合ったテーマは違います。ブログを始めた目的は何かを考え、お気に入りのテーマを見つけてみてください。

 

もし、どうしても迷うようならAFFINGERをおすすめします。高機能で収益化しやすいテーマなので、選んでおいて後悔することはないかと。

 

本記事が参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

それでは本日はこの辺りで!

 

\ブロガー人気No.1有料テーマ/

AFFINGER6を購入する

※当サイト限定特典あり

\使いやすいテーマなら/

STORK19を購入する

※デモサイトチェック可能

 

なお、当サイトはAFFINGER通常版からAFFINGER PACK3を購入し、収益が一段階伸びました。収益をさらに伸ばしたい方は、参考に以下もどうぞ。

関連記事
【AFFINGER PACK3】AFFINGER6 EX版を徹底レビュー【感想を公開】

続きを見る

 

 

関連記事【2022年】WordPressブログのおすすめテーマ10選を徹底比較

 

関連記事AFFINGER6とDiverの違いを徹底比較【10項目で違いを比較】

 

-AFFINGER, WordPressテーマ