WordPress WordPressの使い方 ブログ運営

『使用していない JavaScriptの削除』を改善する方法【サイトスピードUP】

困ってる人
●WordPressブログを始めたけど、サイトスピードがめちゃ遅い。。

●使用していないJavaScriptの削除の改善方法が知りたい。

 

今回はこんなお悩みに答えていきます。

 

こんな方におすすめ

  • サイトを高速化したい
  • 時間をかけず対処法が知りたい
  • PageSpeed Insightsで90点を超えたい

 

2021年5~6月頃からSEO評価にサイトスピードが影響するとGoogleが言っていますね。

 

せっかく上位表示していた記事もサイトスピードが遅いばかりに順位が下がってしまった・・なんてことにもなりかねません。

 

という訳で当ブログもサイトスピードの改善に取り組んでおり、結果的にサイトを改善してさらにスピードを上げることができました。

 

モバイル版の速度

モバイル版の速度

PC版の速度

PC版の速度

 

 

上記が対策後のサイトスピードになります。本記事ではその中で『使用していない JavaScriptの削除』について対策しましたので、対処方法をご紹介します。

 

前置きが長くなりましたが、スピード大丈夫かな、と不安な方はぜひ読んでみてください!

 

それでは早速始めていきます。

 

 

まずPageSpeed Insightsでサイトスピードを計測しよう

まずPageSpeed Insightsでサイトスピードを計測しよう

まずPageSpeed Insightsでサイトスピードを計測しよう

 

まずご自身のサイトがどんな状態なのかチェックして、改善すべき項目を見てみましょう。

 

サイトスピードの計測は、PageSpeed Insightsで簡単にできます。ご自身のトップページのURLを入力して分析するだけでOK。

 

ページ速度を計測する

 

上記の画面でURLを入れたら結果を確認してみましょう。

 

 使用していないJavaScriptの削除とは?

 

PageSpeed Insightsで確認すると以下のように改善する項目が出てくると思います。

 

 

上記のような感じ。赤色が改善すれば一番効果がある部分、黄色は赤色に次いで改善するといい項目です。

 

当ブログは色々対策してたこともあり、赤色の項目はなかったですが、黄色の項目がちらほらと。その中で使用していないJavaScriptの削除という項目が目立ちました。

 

使用していないJavaScriptの削除とは?

使用していないJavaScriptの削除

 

使用していないJavaScript関連で減らせるデータが4つほど。でもそもそもJavaScriptとは?という状態だったのでググってみました。

 

JavaScriptとは?

HTMLやCSSなど、他のプログラミング言語と組み合わせて使うことで、ブラウザ上のアニメーションを動作させるもの。

  • ポップアップウィンドウを出現させる
  • 画面のスムーススクロール
  • サイドバーの記事を追従させる
    これらは全てJavaScriptで実行しています。

 

つまりJavaScriptはブログで色んな箇所に使われているということになります。しかしJavaScriptはサイトスピードが重くなってしまう原因にもなってしまいます。

 

無駄なJavaScriptは極力削除する

 

対策としては、使わないJavaScriptを極力削除することです。

 

とはいっても自分でプログラムコードをいじるなんて無理ですよね。

どうしたもんか。。と悩んでいましたが、このJavaScriptを一時的に飛ばしてサイトスピードを読むこむ便利なプラグインがありました。

 

JavaScriptを利用したままサイトスピードをアップできますよ!プラグインの設定方法から使い方までご紹介していきますね。

 

『使用していないJavaScriptの削除』はプラグイン『Flying Scripts by WP Speed Matters』で改善可能

『使用していないJavaScriptの削除』はプラグイン『Flying Scripts by WP Speed Matters』で改善可能

『使用していないJavaScriptの削除』はプラグイン『Flying Scripts by WP Speed Matters』で改善可能

 

使用していないJavaScriptの削除は、プラグイン『Flying Scripts by WP Speed Matters』で改善することができます。

 

早速導入方法についてご紹介します。

 

管理画面から『プラグイン』⇒『新規追加』をクリックします。

 

Flying Scripts by WP Speed Mattersをインストール

Flying Scripts by WP Speed Mattersをインストール

 

Flying Scripts by WP Speed Mattersをインストール&有効化すれば準備OKです。

 

それではFlying Scripts by WP Speed Mattersの設定方法について解説していきますね。

 

『Flying Scripts by WP Speed Matters』の設定方法

『Flying Scripts by WP Speed Matters』の設定方法

『Flying Scripts by WP Speed Matters』の設定方法

 

それではFlying Scripts by WP Speed Mattersを設定していきましょう。

 

手順①:Flying Scripts by WP Speed Mattersの設定画面へ

 

まずはWordPress管理画面→設定でプラグインの設定画面に移ります。

 

Flying Scripts by WP Speed Mattersの設定画面

Flying Scripts by WP Speed Mattersの設定画面

 

ここにコードを貼り付けていきます。

 

手順②:使用していないJavaScriptの削除にある○○.jsをコピペ

 

PageSpeed Insightsの計測結果で出た『使用していないJavaScriptの削除』のURLをコピーします。

 

使用していないJavaScriptの削除にある○○.jsをコピーする

使用していないJavaScriptの削除にある○○.jsをコピーする

 

/以降でjsまでをコピーすればOK。後はこれを先ほどのプラグインに貼るだけです。

 

手順③:コピーした○○.jsをプラグインへ貼り付け

 

後は以下のように貼り付けましょう。

 

 

一行に1つずつ貼り付けます。gtagやadsbygoogleなどですね。特にgtagはGoogleアナリティクスが効いてくるので、入力しておいた方がいいでしょう。最後にSave Changesをクリックして保存すればOKです。

 

変な表示崩れがないか一応キャッシュクリアして確認はしておきましょう。ではどれくらいサイトスピードが速くなったか確認します!

 

Javascriptの遅延ができたらサイトスピードをチェックしよう

Javascriptの遅延ができたらサイトスピードをチェックしよう

Javascriptの遅延ができたらサイトスピードをチェックしよう

 

Javascriptの改善後、もう一度PageSpeed Insightsでチェックしました。

 

すると、、

 

プラグイン(Flying Scripts)導入前

プラグイン(Flying Scripts)導入前

 

モバイルのスピード72が、

 

プラグイン(Flying Scripts)導入後

プラグイン(Flying Scripts)導入後

 

プラグイン導入後90まで上がりました!

 

使用していないJavaScriptの削減の項目を改善しただけで、読み込みスピードがかなり速くなったので、まだ試されてない方はぜひ実践してみてください。

 

プラグインは極力導入しない方がベストですが、こういったサイトスピードを改善するプラグインは導入して損なしです。

 

参考:使用していないJavaScriptの削除だけでは速くならない?【テーマによって大きく変わることも】

参考:使用していないJavaScriptの削除だけでは速くならない?【テーマによって大きく変わることも】

参考:使用していないJavaScriptの削除だけでは速くならない?【テーマによって大きく変わることも】

 

今回はサイトスピードの改善の1つで使用していないJavaScriptの削除の対策をしましたが、使用するテーマによって大きく変わります。

 

そもそも使用するテーマが遅いとどんなに対策を頑張っても意味なしなので、テーマの見直しも場合によっては必要です。

 

ちなみに当ブログはAFFINGER6でを使用しています。スピードが遅いのが気になる、、という方はテーマは大丈夫か?という目線も持ってみてください。

AFFINGER6の特典10個付きレビュー!評判やメリット・デメリットを徹底解説

続きを見る

 

まとめ:『使用していないJavaScriptの削除』をプラグインで改善しよう

まとめ:『使用していないJavaScriptの削除』をプラグインで改善しよう

まとめ:『使用していないJavaScriptの削除』をプラグインで改善しよう

 

今回は『使用していない JavaScriptの削除』について対策しましたので、対処方法をご紹介します。

 

使用していないJavaScriptの削除は5分程度で設定できるかと思います。まだやってない方はぜひ改善してみてください。

 

サイトスピードを改善できればSEO対策にもなります。やれることから実践していきましょう。

 

本記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

さらにサイトスピードを速くしたい!という方は、合わせて下記記事も実践してみてください!

>>【速度を改善】Autoptimizeプラグインの使い方と設定方法【サイト速度高速化】

 

 

関連記事ブログアフィリエイト運営におすすめの必須ツール19選【初心者向け】

 

関連記事ブログに使える無料画像・フリー素材サイトおすすめ30選【商用利用OK】

 

-WordPress, WordPressの使い方, ブログ運営