仕事・転職

【本当に今転職していい?】転職するのがもったいない人の特徴7つ

不安な人
転職したいけど、、転職していいのかな?今転職するのはもったいないかな?

 

今回はこんなお悩みにお答えします。

 

こんな方におすすめ

  • 転職をするか迷っている方
  • 転職した方が良い基準がわからない方
  • 転職について情報を得たい方

 

『転職したい』『このまま転職していいのだろうか』誰でも一度は感じたことがあるかもしれません。

 

ただ、今の自分の環境を変えるのが怖い、踏み出す勇気がない等でなかなか一歩踏み出せないものですよね。

 

中には転職して後悔する人もいます。

 

今回は転職をする前に一歩立ち止まって、本当に転職するべきか、転職するのがもったいない人の特徴についてご紹介していきます。

 

本記事を読めば、転職をする前に一度立ち止まって考えれる機会になると思うので、ぜひ参考にしてみて下さい

 

それでは早速始めていきます。

 

 

そもそも転職するにはどうしたらいい?

そもそも転職するにはどうしたらいい?

 

転職の準備としては何が必要になるのか、気になりますよね。

 

一連の流れとしては、自己分析⇒業界や仕事、企業に関する情報収集⇒履歴書で応募⇒職務経歴書を作成します。ここまでが準備です。

 

また転職の応募方法は基本的には以下3つになります。

 

転職方法について

  • 転職サイト(直接応募型)
  • 転職エージェント
  • スカウトサービス

 

詳しくは別の記事で記載しますが、意外と転職するための手順、方法がわからない方は多いと思います。

 

まずは上記関連のサイトに登録するなり事前調査が重要です。

転職するのがもったいない人の特徴7つ

転職するのがもったいない人の特徴7つ

 

さて、ここからが本題です。

 

なんとなく転職したいなとか今の仕事が嫌で他のところに行きたい、ステップアップしたいなどいろいろ理由はあると思います。

 

しかしその転職が本当にもったいないものになってしまう可能性もあります。

 

転職した後に『転職前の方がよかった・・・』と後悔しないためにも、しっかりと検討して間違った転職をしないようにしましょう。

 

今転職するのがもったいない人の特徴7つをご紹介します。

 

下記7つです。

 

転職がもったいない人の特徴7つ

  • ①現在仕事の一連の流れを理解できてない
  • ②大手企業に勤めている
  • ③今の仕事に対して好きなところがいくつかある
  • ④転職の目的が明確に決まっていない
  • ⑤仕事は好きではないが、人間関係がいい
  • ⑥会社に行くのが苦でない
  • ⑦休みが多く取れる・ワークライフバランスが良い

 

1つずつ見ていきましょう。

 

①現在仕事の一連の流れを理解できてない

①現在仕事の一連の流れを理解できてない

 

仕事の一連の流れをまだ理解できてないかたは、転職がもったいないです。

 

例えばメーカーの製品開発の場合だと、営業より仕事を受注⇒開発、設計⇒試作品作成⇒評価⇒量産品製造⇒販売⇒アフターサービスのような流れがあります。

 

どんな仕事もそうですが始めは何もわかないままスタートしますよね。

 

そうすると自分のやってる作業の目的がわからなかったり、この作業をすることで何が起こるかまで考えられないことがあります。

 

つまり最初の内は点々と仕事をしているようなイメージです。

 

しかし、ある程度仕事の経験を積んでいくと今まで点だったものがつながってきて線になってきます。

 

そうなると仕事の流れがわかるようになり、仕事は自己完結するのでなく、自分の前工程後工程がいることを意識して行動できるようになります。

 

この一連の仕事の流れがわかると貢献感が増したり、仕事を自分で回せるようになってくるので面白くなってきます。

 

実際僕も最初の内は何もわからず、後工程のことまで考えれていませんでした。

 

仕事の流れをわかるようになると納期感覚や他部署の動きもわかるようになり、自分でマネジメントできるようになるので仕事が以前よりも面白く感じました。

 

つまり仕事の流れもわからない状態で辞めるのはもったいない

 

やりたいことがどうしてもあったり、強い思いがある方は別です。しかしそうでない方は石の上にも三年いることは価値があると思います。

 

②大手企業に勤めている

②大手企業に勤めている

 

大手企業にもデメリットがありますが、やはり大手企業で働いているからこそ受ける恩恵はあります。

 

詳細は大手企業で働くメリット7つデメリット5つを徹底解説【就活を始める方へ】で解説していますが、やはり大手企業で働くのはメリットが多いです。

 

しかし入社するのが大変な大手企業をやめて、転職し結果後悔する人も多くいます。

 

また業界にもよりますが、大手企業は給料の水準が高い傾向になりがち。

 

異業種に行くならまだしも今の会社が嫌だからという理由で同業界で転職しても給料が下がったという方は多もいるようです。

 

大手企業は潰れる可能性も低いですよね。また労働者にとっては働きやすい環境である場合も多く、それ故に離職率も低い傾向があります。

 

本当に辞めていいものか、じっくり考える必要はあります。


 

③今の仕事に対して好きなところがいくつかある

③今の仕事に対して好きなところがいくつかある

 

今の仕事に好きなところが1つでもある場合は考え直してみてください。

 

佐藤君
好きな部分を突き詰めて今の会社も好きになってきた!

 

というように他の部分が嫌でも好きなことがあれば、作業が苦にならないですよね。好きな作業であればどんどん上達していくものです。

 

結果その仕事を続けていくとその道のエキスパートになることもできます。

 

好きなことを仕事にするのは想像以上に難しいものです。

 

もしあなたが現在の仕事に対して好きな部分が少しでもあるなら、それをみすみす手放すのは惜しいかもしれません。

 

④転職の目的が明確に決まっていない

④転職の目的が明確に決まっていない

 

これが転職したいと言っている方の中で最も多く占めると感じています。

 

なんとなく今の会社が嫌だと感じており、周りの同期や友達などの影響を受けて俺も、、なんてのは転職がうまくいかず失敗に終わる可能性もあります。

 

例えば私の友人にこんな人がいました。

 

実例:Aさん

大卒の20代半ば、男性。

同期が大手メーカーに転職したことをきっかけに、自分も同じような大手メーカーに転職できるのではないかと考え、「自分も同期に続いて大手に就職したい」と感じ、転職を決意。

 

論からいうとAさんの転職は失敗に終わり、今現在もその会社で働いています

 

同期からの影響を受け漠然とした状態で転職活動を始めても、転職したい理由が大手企業に入りたいとうだけでそもそも『ぜ大手に入りたいのか』という理由がない状態でした。

 

要は転職で実現したいことが明確になく、企業探しの軸が定まっていないままだったので、転職がうまくいかなかったのではと感じています。

 

転職を考えてる方は、まずこれだけは叶えたいという目的を決めるべきです。

 

なぜなら転職して今よりも全てよくなったということはほとんどないから。

 

給料が上がったけど、人間関係は前の方がよかった。

人間関係が良くなったけど毎日残業続きで自分の時間が持てなくなった。

など、転職の確固たる目的を持っていないと思いがけないところに転職しなければ良かった、と後悔する可能性があります

 

色んなバランスはもちろん大事ですが、これだけ叶えれば転職した価値がある、そのために転職したと思えるような目的を見つけましょう



⑤仕事は好きじゃない、でも人間関係がいい

⑤仕事は好きじゃない、でも人間関係がいい

 

人間関係がいい職場。これは仕事をする上でかなり重要な要素の一つです。

 

僕自身も本当にそうだなと日々感じています。

 

例えば以下のように感じている人です。

 

  • 仕事は大変、、だけどこの人たちと一緒に仕事ができて充実している
  • 給料はそこまで良くないけど、人間関係は良好

 

実際、どんなに良い会社に入って高い給料を貰っても、人間関係が悪い環境で働くことは『苦痛』以外の何者でもありません。

 

『苦痛』に耐えながら、これから何十年も働いていかないといけない。

 

それは正直、『地獄』ですよね。

 

現に、転職したい理由としては人間関係の改善を目的に転職する人で溢れています。

 

僕自身も転職したいなと思ったきっかけは人間関係が大きく関係していました。

 

人間関係の良し悪しで今後の自分の人生が変わるといっても過言ではありません。

 

例えば、上司が嫌いで仕方ないと思ってる方は、自分よりもスキルが豊富な人から手本となる仕事のやり方を吸収する機会を失ってしまうことになります。

 

どんな環境でも良い人間関係を築ける人はいます。ただ、そういう人は少数で転職すると人間関係が悪化してしまったというリスクは存在します。

 

もし人間関係が良好な方は、それを捨ててでも叶えたい目的があるかよく考えましょう。

 

⑥会社に行くのが苦でない

⑥会社に行くのが苦でない

 

転職を考える理由の1つとしては会社に行くのが苦痛でというのがあると思います。

 

そうなると仕事自体におもしろさや充実感も感じなくなりますよね。

 

転職した方の話を聞くと会社に行くと思うと胃がキリキリしてきた、お腹が痛くなってくるなんて方もいます。

 

仕事に行くのがそこまで苦ではない=今の会社にはある程度満足しているとも言えます。総合的に見て悪い会社でないのであれば、今すぐやめるのはもったいないです。

 

不安な人
苦ではないけど、なんかこのままでいいのかなあ。・・

 

そう感じる方は、異業種交流など自分と異なる業界で働く方の話を聞くのもおすすめです。

 

僕も参加したことがありますが、案外自分て恵まれてるんだなと感じました。

 

先ほども上げましたが、転職にはデメリットやリスクもあります。

 

会社に行くのが嫌ではないし、まあある程度今の会社に満足できてるなあて方は割り切って今の会社で働くことも考えてみてください。

 

⑦休みが多く取れる・ワークライフバランスが良い

⑦休みが多く取れる・ワークライフバランスが良い

 

仕事で何か成し遂げたい。そう思うことももちろん重要ですが、仕事だけが人生ではありませんよね。

 

近年はワークライフバランスを重視する会社が増えています。

休みが多く取れる=ホワイト会社とも言えるので、それだけでやめない理由にもなりえます。

 

転職して案外聞くのが『有給を取りづらくなった』という声です。

 

失ってみて始めて休みが取れたということがいかに充実してたか気づくパターンですね。

 

きちんと休みを取らせてくれる会社は、休めるだけの余裕があるので会社としても安定していると言えるでしょう。

 

きちんと休みが取れてる方は転職前にもう一度考えてみてください。

 

まとめ:今すぐ転職するのがもったいないなら一度留まるのもあり

まとめ:今すぐ転職するのがもったいないなら一度留まるのもあり

 

今回は転職をする前に一歩立ち止まって、本当に転職するべきか、転職するのがもったいない人の特徴7つをご紹介しました。

 

人それぞれもったいないと感じる価値観は違いますが、自分の環境は他人から見ると思ってるほど悪くないそんなことが結構あります。

 

他人の意見よりも自分の考えが重要!という方もいるかもしれませんが、一度今いる自分の立場、状況を客観的に見てみることがわかることも多くあります。

 

僕の場合は転職活動をしてみて思ってるほど、今いる環境が悪くないんだなと一度立ち止まることが出来ました。

 

なので迷ってる方は一度転職活動をしてみるのもおすすめです。

 

目的もなく今の現状から逃げたいがために、やみくもに転職したいと思うのはいい方向に行かない可能性があるので、十分注意しましょう。

 

ただ、時間は流れていくので、迷ってるだけでいるのはもったいない。

 

この記事を読んで少しでも何か感じた方は行動に移しましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。本記事が参考になれば幸いです。

 

それでは本日はこの辺りで!

 

転職に使えるおすすめエージェント

リクナビNEXT|転職者の8割が利用する超大手サイト

※転職エージェント最大手で求人数最多。転職初心者がまず登録しておきたいサイト。

転職ならdodaエージェントサービス|エージェントサポートが超手厚い

※同じく大手転職サイト。転職エージェントなら一番だと思います。しっかりサポートしてくれるので、安心。

20代の転職ならマイナビジョブ20's|20代に強い転職サイト

※特に20代に特化した転職サイト。第二新卒で転職したいなら登録必須です。

 

関連記事転職を検討する20代におすすめの転職本10冊をご紹介

 


-仕事・転職