AFFINGER WordPress

AFFINGER5でGoogleアドセンス審査用コードを貼り付ける手順を解説【3分でOK】

AFFINGER5でアドセンス審査用コードを貼り付ける方法を解説
困ってる人
●AFFINGERでアドセンスコードを貼り付けたいけど。。貼り方・貼る場所がわからない。

●WordPress初心者なので、画像付きで丁寧にアドセンスコードを貼る手順を教えてほしい。

 

今回はこんなお悩みにお答えします。

 

こんな方におすすめ

  • AFFINGER5初心者
  • これからGoogleアドセンスに挑戦する方
  • AFFINGERの操作やプログラミングスキルに自信がない方

 

本記事の信頼性

当ブログもAFFINGER5を使用しており、ブログ開始して2ヶ月でアドセンスに合格しています。アフィンガーでのGoogleアドセンスコードを貼る手順についてどこよりもわかりやすく解説できます。

 

『WordPressブログを始めて何記事か書いたし、Googleアドセンスに挑戦しよう』そういう方向けの記事です。

 

Googleアドセンスの審査には審査用コードをWordPressテーマ内に貼り付ける必要がありますが、『どこに貼ればいいかわからん』という状態の方も多いと思います。

 

事実僕もそうでした。。

 

今回はAFFINGER5でのGoogleアドセンス審査用コードを貼り付ける手順について、全手順画像付きでご紹介します

 

本記事を読めばパソコンが苦手な方も簡単に審査用コードを貼り付けてGoogleアドセンスに挑戦できると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、これからGoogleアドセンスに挑戦する方は、Googleアドセンス審査に通らない?不合格の原因と合格するためのコツ10個を徹底解説を参考にチェックしてみてください。

 

それでは早速始めていきます。

 

 

【前提】Googleアドセンス申請~合格までの流れを理解する【申請までの手順】

【前提】Googleアドセンス申請~合格までの流れを理解する【申請までの手順】

 

まず始めにGoogleアドセンス審査コードを貼るまでの手順~合格までのステップについて理解しておきましょう。

 

Googleアドセンス申請~合格までの流れ

  • Googleアカウントを取得・ログイン
  • Googleアドセンス公式HPアクセス&メールアドレスを入力
  • Googleアドセンスアカウントを作成
  • お客様情報を入力&電話番号の確認と認証
  • アドセンス審査用コードを貼り付け(アドセンスアカウントとブログの紐付け)
  • アドセンス審査申請~合格

上記のような流れですね。

 

今回は5⃣の審査用コードの貼り付け方法をAFFINGER5でどうするかについて解説します。

 

詳細について確認したい方は、Googleアドセンス審査に申請する方法を参考にしてみてください。

※審査方法について全手順画像付きで解説しています。

 

AFFINGER5でGoogleアドセンス審査用コードを貼り付ける手順4つ【他テーマでもOK】

AFFINGER5でGoogleアドセンス審査用コードを貼り付ける手順4つ【他テーマでもOK】

 

それではAFFINGER5でGoogleアドセンス審査用コードを貼り付ける方法をご紹介します。

 

ちなみにこの方法はAFFINGERでなくても同じなので別テーマをご使用の方も参考にしてください。

 

手順は下記4つです。

 

AFFINGER5でGoogleアドセンス審査用コードを貼り付ける手順4つ

  • ①外観⇒テーマエディターをクリック
  • ②親テーマ『WING-AFFINGER』を選択
  • ③テーマファイルの『header.phpファイル』をクリック
  • ④header.phpファイルの<head>タグ内に審査用コードを貼り付ける

 

1つずつ見ていきましょう。

 

審査用コード設定手順①:外観⇒テーマエディターをクリック

 

まず始めにAFFINGERの外観⇒テーマエディターをクリックします。

 

アドセンス審査用コードの貼り付け手順 AFFINGERの管理画面(外観⇒テーマエディター)

AFFINGERの管理画面(外観⇒テーマエディター)

 

外観にカーソルを合わせるとテーマエディターが出てくるのでクリックすればOKです。

 

審査用コード設定手順②:親テーマ『WING-AFFINGER』を選択

 

続いてテーマエディターの画面に移るので、親テーマ『WINGーAFFINGER』を選択しましょう。

 

親テーマWINGーAFFINGERのシートを選択する

親テーマWINGーAFFINGERのシートを選択する

 

上記の部分です。親テーマWING-AFFINGERを選択できたら『選択』をクリックして次に進んでください。

 

審査用コード設定手順③:テーマファイルの『header.phpファイル』をクリック

 

親テーマに移れたら次にファイルを選択します。

 

AFFINGER親テーマ『header.php』をクリック

 

テーマファイルの『header.phpファイル』をクリックしてください。

 

審査用コード設定手順④:header.phpファイルの<head>タグ内にアドセンス審査用コードを貼り付ける

 

header.phpファイルに移れたらあとはアドセンス審査用コードを貼り付けましょう。

 

貼り付ける場所は以下画像を参照ください。

 

アドセンス審査用コードを貼り付ける場所

アドセンス審査用コードを貼り付ける場所

 

<head>から</head>の箇所の好きな場所にアドセンス審査用コードを貼り付けます。

 

ただ、アドセンス審査用コードは合格後に消す必要があるので、後から見てもわかりやすいように改行して貼り付けるようにしましょう。

>>参考:【2021年版】Googleアドセンス合格後やるべきこと3つ【超簡単です】

 

<head prefix・・・>の後に改行して貼り付ければOKです。

 

更新を押して保存すれば審査用コードを貼り付ける手順は完了です。お疲れ様でした。

 

注意ポイント

テーマエディターの編集は誤ってしまうとWordPressが動かなくなるなどのエラーが起こる可能性もあります。バックアップを取ったうえで実行することをおすすめします。

 

関連記事【プラグイン】BackUPWPupの使い方・設定方法【WordPressを簡単バックアップ】

 

【番外編】AFFINGER5 管理からGoogleアドセンス審査用コードを貼り付ける方法

【番外編】AFFINGER5 管理からGoogleアドセンス審査用コードを貼り付ける方法

 

AFFINGER5ではもう1つ審査用コードを貼り付ける方法があるのでご紹介しておきます。

 

  • 方法①:『AFFINGER5 管理⇒Google・広告/AMP』をクリック
  • 方法②:Google自動広告の設定にadsense審査用コードを貼り付ける

 

順番に確認していきましょう。

 

手順①:『AFFINGER5 管理⇒Google・広告/AMP』をクリック

 

まずはAFFINGER5の管理画面に移動しましょう。

 

AFFINGER5 管理⇒Google・広告/AMPをクリックします。

 

AFFINGER5で審査用コードを貼り付ける貼り付ける方法

AFFINGER5 管理⇒Google・広告/AMPをクリック

 

上記のような感じですね。

 

手順②:Google自動広告の設定にadsense審査用コードを貼り付ける

 

Google自動広告の設定内にadsense審査用コードを貼り付けます。

 

Google自動広告の設定内にadsense審査用コードを貼り付ける

 

SAVEを押して保存すればOKです。

 

WordPressの扱いやテーマエディターの編集が怖い方は、こちらの設定方法の方が簡単でいいですよ。

 

まとめ:アフィンガー5で審査用コードを貼り付けてアドセンス合格を目指そう

まとめ:アフィンガー5で審査用コードを貼り付けてアドセンス合格を目指そう

 

今回はAFFINGER5でのGoogleアドセンス審査用コードを貼り付ける手順について、全手順画像付きでご紹介しました

 

審査用コードを貼り付ける手順は難しくないので、本記事を参考にすれば3分程度で設定が完了できると思います。

 

 審査用コードを貼り付けて申請すれば後は大体2週間以内に合格の連絡が来るので待つのみです。

 

もし審査に落ちた場合は、記事を積み上げてサイトの質を上げていきましょう。

 

本記事を参考に審査用コードを貼り付けてアドセンス広告合格にトライしてみてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それでは本日はこの辺りで!

 

関連記事Googleアドセンス審査に通らない?不合格の原因と合格するためのコツ10個を徹底解説

 

人気記事【2021年版】おすすめアフィリエイトASP16社を徹底比較【初心者登録必須】

 

 

-AFFINGER, WordPress