BLOG

Googleアドセンス審査に通らない?不合格の原因と合格するためのコツ10個を徹底解説

困ってる人
●Googleアドセンスにぜんぜん合格しない。。

●Googleアドセンスに通らない原因と合格するためのコツを教えてほしい。

 

今回はこんなお悩みに答えていきます。

 

こんな方におすすめ

  • Googleアドセンスに合格したい方
  • Googleアドセンスの審査になかなか通らない方
  • Googleアドセンス審査に通るコツを知りたい方

 

本記事の信頼性

当ブログはGoogleアドセンス合格済です。審査に合格しない方に向け僕が行った対策も含めてにコツを超丁寧に解説できます。

 

ブログを始めたばかりの初心者が最初に目標にするのがGoogleアドセンスですよね。

 

Googleアドセンスを利用するには審査が必要であり一度はまってしまうと何回申請しても受からない。。という状態になってしまいます。

 

今回はGoogleアドセンスを合格するためのコツや審査に落ちた不合格の要因について解説します。

 

Googleアドセンスに合格するための方法をみっちり書いていくので、Googleアドセンスで収益化を目指したい方はぜひ最後までご覧ください

 

それでは早速始めていきます。

 

目次

 

Googleアドセンスの審査について

引用:Google Adsence

 

Googleアドセンスとはユーザーがクリックすると収益が発生するクリック報酬型の広告です。

 

Googleアドセンスに審査があるのは、Google側が広告を載せるべきサイトかどうかを判断するためにあります。

 

Googleアドセンスは以下人物でなりたってます。

 

・広告主

・サイト運営者

・Google

・ユーザー

 

Googleやユーザーが安心して広告を閲覧するためにはちゃんとしたサイトである必要があるというわけです。

怪しいサイトや違法のサイトに広告を載せたらGoogleも広告主も社会的に良くないイメージがついてしまいますよね。そうなると信頼を失ってしまうことになります。

 

そういうわけでGoogleアドセンスにはきちんとした審査があり、合格したサイトでないと広告を利用できないというわけです。

 

ただGoogleアドセンスの審査は年々厳しくなっており審査に落ちたという人が多いのも実情。

 

一方でGoogleの理念や審査に通過すべきことをしっかりやっていけば合格はできます。審査に合格するコツもあるので、一歩ずつ進めていきましょう。

 

【2020年版】Googleアドセンス審査に申請する前に準備しておくべきこと

【2020年版】Googleアドセンス審査に申請する前に準備しておくべきこと

 

Googleアドセンスには自分のWEBサイトが必要です。いわゆるご自身のブログですね。

 

まだブログを作ってない方は、先にブログを作っておきましょう。ブログのおすすめはWordPressブログです。

 

理由はWordPressブログではGoogleアドセンスを自由に掲載でき制約がないからです。自由な場所に広告を貼ることもできるので収益性やカスタマイズ性も抜群。

 

WordPressブログの始め方

①レンタルサーバーの契約

②独自ドメインの取得

③WordPressインストール

 

上記ステップでWordPressをインストールしたら10記事以上記事を書いてからアドセンスの審査に申し込むようにしましょう。

 

WordPressブログの開設方法を知りたい方は、下記記事で詳しく解説しています。

 

関連記事
【初心者OK】WordPressブログの始め方を全手順画像付きで徹底解説【2021年版】

続きを見る

 

Googleアドセンスの審査に受かりやすいサイトは?

Googleアドセンスの審査に受かりやすいサイトは?

 

Googleアドセンスに通りやすいサイトはどういったものでしょうか?

 

一言でこれというものはありませんが、ユーザーに独自の価値を提供しているサイトが受かりやすいといえます。

 

審査に通りやすいサイト

・独自のコンテンツが多い

・質の高いコンテンツが豊富

・1記事2000文字以上

・Googleの理念に反していない

・ターゲットが明確

 

まとめるとやはりユーザーに価値を提供できる、つまりユーザーのためになるようなコンテンツを多く作ってるサイトが審査に通りやすくなっています。

 

そういった視点で考えると雑記ブログよりもジャンルを2~3程度に絞って特化ブログを作った方が情報を網羅でき、ユーザーに価値を提供できるので合格しやすいとも言えます。

 

ブログではよく言われることですがユーザーに有益な情報を提供することを意識して書くのがベストですね。

 

何も考えず無駄に文字数の多い記事を量産してもあまり良くないということですね。広告主視点で考えても中身のあるサイトに広告を掲載したいと思いますよね。

 

Googleアドセンス審査に受かりにくいサイト・通らない原因5つ【対処方法も解説】

Googleアドセンス審査に受かりにくいサイト・通らない原因5つ【対処方法も解説】

 

逆にGoogleアドセンスに受かりにくいサイト原因は何でしょうか。

 

アドセンス審査に通らない原因5つ

①Googleアドセンス利用規約を違反している

②コンテンツに問題あり

③独自ドメインを使用していない

④運営者情報・プライバシーポリシー・お問い合わせフォームを作成していない

⑤新型コロナウイルスの影響

 

1つずつ見ていきましょう。

 

①Googleアドセンス利用規約を違反している

 

審査に受かりにくい要因の1つはGoogleアドセンスの利用規約を違反しているサイトです

具体的にアドセンスでは禁止コンテンツが以下のように示されています。

 

違法なコンテンツ

・違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

 

知的財産権の侵害

・著作権の侵害にあたるコンテンツ
・偽造品の販売または販売促進を目的とするコンテンツ

 

絶滅危惧種

・絶滅危惧種から作られた製品の販売を促進するコンテンツ
例: トラ、サメのヒレ、象牙、トラの皮、サイの角、イルカ油の販売

 

危険または中傷的なコンテンツ

・人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く内容に基づいて、個人または集団に対する排斥扇動、差別および誹謗中傷を助長するコンテンツ

・個人または個人で構成される集団を嫌がらせの対象にしている、威嚇している、または攻撃しているコンテンツ

・自分自身または他者を脅迫したり、肉体的または精神的に危害を加えることを奨励したりしているコンテンツ

・ループまたは国際的麻薬密売組織が作成したコンテンツ

・現在の重大な健康危機に関連する、信頼できる科学的な合意と矛盾するコンテンツ

・強要による他者の搾取を目的とするコンテンツ
例: 不当な削除方針、リベンジポルノ、恐喝

 

不正行為を助長する商品やサービス

・なんらかの形のハッキングやクラッキングを助長するコンテンツ

・個人とその活動を本人の許可なく追跡・モニタリングすることを可能にするコンテンツ
例: 親しいパートナーを監視するために使用されるスパイウェアおよび技術

 

不適切な表示に関連するコンテンツ

・サイト運営者 / パブリッシャーの身分や、提供するコンテンツまたはリンク先の主な目的について、不適切な表示や虚偽表示、適切な情報の隠蔽をしている

・虚偽表示や不明瞭な表現でユーザーをコンテンツに誘導している

・ユーザーの情報を「フィッシング」している

・虚偽、不正、誇大広告によってコンテンツ、商品、サービスを宣伝している

・明らかに真実ではない主張を行い、選挙と民主主義のプロセスへの参加や信頼を大幅に阻害する可能性があるコンテンツ

 

悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア

・不正なソフトウェア(マルウェア)を含むコンテンツ

・Google の望ましくないソフトウェアのポリシーに違反するコンテンツ

 

露骨な性的描写を含むコンテンツ

・性的なテキスト、画像、音声、動画、ゲームを含むコンテンツ

・仮想のものか現実のものかを問わず、強制的な性行為を含むコンテンツ

 

国際結婚の斡旋

・外国人との結婚を促進するコンテンツ

 

家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ

・家族向けのように見せかけながら、一般の視聴者には不適切な成人向けのテーマを含んでいるコンテンツ

 

児童を性的に搾取または虐待するコンテンツ

・これには、すべての児童性的虐待のコンテンツが含まれます。

 

出典:Googleアドセンスパブリッシャー向けポリシー

 

これでも一部ですが、これだけアドセンスの利用には厳しく規約が定められているというわけです。

 

上記サイトに違反していれば合格できません。事前にしっかりチェックしておきましょう。

 

②コンテンツに問題あり

 

審査に通りやすいサイトでも記載しましたが、ある程度のコンテンツ量は必要です。

 

中には3記事で合格したという方もいますが、平均的に見てみるとやはり10~20記事程度は書いてる人が多い印象。

 

実際僕自身、合格数までに20記事以上コンテンツを作成しました。

 

また記事数以外にも下記項目にも着目しましょう。

 

  • 文字数2000文字以上あるか
  • 著作権に違反しているものはないか
  • 記事のペルソナ(ターゲット)は明確か

 

アフィリエイトリンクはよく外した方がいいと議論される部分ですが、僕自身は問題ないと考えています。

 

問題なのは記事内コンテンツに全く関係ない広告を貼りまくることだと思うので、それでなければ申請をしてもOK。

 

理由は僕自身アフィリエイトリンクをかなり貼った状態で申請して合格したので、実績があるからです。

 

僕がアドセンスに合格した時のコンテンツ量やアフィリエイトについての詳細は【2020年版】Googleアドセンスに合格するまでに行ったこと徹底解説で記事にしているので気になった方はご覧ください。

 

③独自ドメインを使用していない

 

WordPressブログを利用している方には問題ないですが、無料ブログは独自ドメインでなく無料ブログのドメインになります。

 

そういったものだとアドセンスに審査できないなんてブログもあるので独自ドメインを使っておく方が安心ですよね。

 

独自ドメインはお名前ドットコムなどを使えば簡単にとることが出来ます。



上記になりますね。

 

これからブログを始めてアドセンスで収益化を考えてる方は,WordPressブログを始めるのがベストというわけです。

 

④運営者情報・プライバシーポリシー・お問い合わせフォームを作成していない

 

直接的な原因があるとは言い切れませんが、上記3つの項目を設定していないのがアドセンス審査に落ちる要因とも言えます。

 

広告主やGoogleからの視点で考えてみるとどんな人がどういう基準でブログを作っているかわかった方が安心ですよね。

 

また何かあった時に問い合わせができるフォームがサイトにあると信頼性も増します。

 

といったわけで運営者情報とプライバシーポリシー・お問い合わせフォームは作成しておきましょう。

 

 

上記3つ当サイトのものを参考にしてもらってOKです。

まだ作ってない方は、念のために審査前に作っておくのをおすすめします。

 

⑤新型コロナウイルスの影響

 

新型コロナウイルスの影響でブログが審査してもらえないという方もいるようです。

 

サイトを審査できません。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行の影響で、Google では現在、一部のサービスで一時的に遅延が発生しています。そのため、現時点ではお客様のサイトを審査することができません。ご不便をおかけして誠に申し訳ございませんが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

こんな感じのメールが届き審査してもらえない・・どうしたらいいんだという状態ですよね。

 

一方でTwitterを見ているとアドセンス審査に合格したと報告されてる方も大多数います。

 

つまりコロナウイルスの影響で審査は遅れているけど、合格してる方もいるので今の時期でも合格できないというわけではないです。

 

ただ審査の基準は厳しくなっている可能性はあるので、上記で紹介したように高品質の記事を書いていけるようコツコツやっていくをおすすめします。

 

Googleアドセンスの審査に合格するためのコツ10個

Googleアドセンスの審査に合格するためのコツ10個

 

Googleアドセンスに通らない・・という方が合格するためにやるべきコツ10個を紹介します。

 

1つずつ満たしているかチェックしてみて下さい。

 

Googleアドセンスの審査に合格するためにチェックする項目10個

  • ①更新頻度を増やす
  • ②1記事の文字数を2000文字以上書く
  • ③操作しやすいサイトを作る
  • ④記事数を増やす
  • ⑤記事内・パーマリンク内に企業名が入っていない
  • ⑥記事とは関係ないアフィリエイトリンクを外している
  • ⑦規約違反のコンテンツがない
  • ⑧独自性のある記事を書く
  • ⑨運営者情報・お問い合わせフォームを設置している
  • ⑩プライバシーポリシーを設置している

 

1つずつ見ていきましょう。

 

①更新頻度を増やす

 

広告主が更新頻度が低いサイトと高いサイトどちらに広告を載せたいか考えれば当然後者ですよね。

 

更新頻度が高くしてGoogleアドセンスに審査に通ったという声もちらほら聞きます。実際僕も審査前は毎日更新していました。

 

毎日更新ができないという方はある程度記事をストックしておいて審査する何日か前からストックしておいた記事を更新すればOK。

 

あまり他では言われてませんが更新頻度が高いということもGoogleや広告主を考えれば影響があるので、試してみて下さい。

 

②1記事の文字数を2000文字以上書く

 

ユーザー視点の記事を2000文字以上で書くようにしましょう。

 

文字数が少ない=情報が網羅されていないとGoogleから認識されてしまうので、審査に受かりにくくなってしまいます。

 

最低でも1000文字以上は書くようにして1000文字以下の記事は書かないようにすべきです。

 

もちろんこれは文字数を増やせばいいというわけではありません。

情報を網羅するために結果的に文字数が増えたというのがあるべき姿です。

 

ブログの文字数については、ブログ記事の文字数は1000文字以上必要?最適文字数は?【長文SEO対策は効果ありか解説】で解説しているので参考にしてみて下さい。

 

③操作しやすいサイトを作る

 

Googleはユーザーの利便性を重視しています。

 

サイトを訪れたユーザーがカテゴリーごとの記事を見たり、どういうサイトかわかって操作がしやすく利便性が高いとGoogleからの評価もよくなり結果審査に受かりやすくなります。

 

例えば、WordPressブログのメニューバーにカテゴリーを作るなど操作しやすいサイトを設計することも重要です。

 

④記事数を増やす

 

記事数に明確な条件はありませんが、審査して通らなかったなら再審査する場合は記事を増やしておきましょう。

 

中には3記事や5記事で合格した人もいますが、1記事で合格した人は聞きません。

 

これは記事数も合格には影響があるとも考えられます。

前述しましたがもちろん記事数も無駄な記事をたくさん増やせばいいというわけではないので注意しましょう。

 

たくさん記事がある=これからも記事を更新してくれる=広告を載せる価値があるサイトだといえます。

記事数にこだわりすぎるのもどうかと思いますが、今後のためにも20記事程度は書いておきましょう。

 

⑤記事内・パーマリンク内に企業名が入っていない

 

これ、盲点ですが結構重要です。

 

僕自身の経験ですが、Amazonプライムの記事を書いたときにパーマリンクにamazonと入れており、何度か申請して不合格でした。

 

その後パーマリンクが怪しいのではないかと睨んで修正したらアドセンス審査に通過しました。

 

他の項目も修正したので、企業名が審査に100%影響していたとは言えませんが、変更して合格したのも事実。

 

これから申請する方や記事を書くときは企業名を入れないようにしましょう。

 

⑥記事とは関係ないアフィリエイトリンクを外している

 

個人的にはアフィリエイトリンクを掲載したままでも合格したので,アフィリエイトリンクは外さなくてもいいと思います。

 

ただ記事とは全く関係ない広告は貼るのは控えましょう。

 

Google視点で考えると関係ない広告がたくさん貼られてるサイトにGoogle広告を掲載したくないですよね。なぜならそんなサイトだとGoogle広告のクリック率も低いからです。

 

アフィリエイトリンクを貼るにしても正しい位置に1記事1~2つ程度に抑えておきましょう。

 

⑦規約違反のコンテンツがない

 

Googleアドセンス審査に通過しない原因でも解説しましたが、規約違反のコンテンツがないか確認しましょう。

 

案外気づかないうちに規約違反をしていたなんてこともあります。

 

例えば、使用していた画像に銃が映っており軍事的なコンテンツとして捉えられたり、肌の露出が多い画像がアダルト系だと捉えられたりなんてこともあります。

 

規約違反に関してはこれでもかというくらい隅々まで注意して確認して起きた方が無難です。

 

⑧独自性のある記事を書く

 

独自性のある記事とはあなただけがユーザーに提供できる価値ある記事です。

 

独自性が高いと差別化が測れるのでGoogleから評価されやすく審査にも受かりやすくなります。

 

ただブログ始めたばかりでいきなり独自性といわれても・・て感じですよね。

 

そんなときは別の切り口・視点から記事を書いたりサイトデザインを他にはない魅力的な感じにしたり・・と独自性を出す部分は案外色々あります。

 

あなたの色を出しつつ、ユーザー視点でためになる記事を提供することが出来れば超グットです。

 

⑨運営者情報・お問い合わせフォームを設置している

 

運営者情報やお問い合わせフォームはブログサイトの信頼性に関わる部分です。

 

広告を掲載するなら信頼性があるサイトがいいですよね。

 

特に最近Googleは職業・経歴などの運営者情報を重視しているので、設置しておくべき。

 

当サイトを参考にして固定ページに作ってみて下さい。

 

⑩プライバシーポリシーを設置している

 

プライバシーポリシーは設置していて損はないです。

 

設置していなくても合格したという方はちらほら聞きますが、今後サイトを運営していくなら遅かれ早かれ必要になります。

 

プライバシーポリシーには使用してるアフィリエイトプログラムやGoogleアドセンスの記載などを記載します。

 

プライバシーポリシーの書き方がわからない方は、本サイトのプライバシーポリシーを引用してOKです。

 

Googleアドセンス審査に申請する方法【2020年版】

Googleアドセンス審査に申請する方法【2020年版】

 

Googleアドセンスに通らない原因や通過するコツを紹介したのでいよいよアドセンス審査を申請しましょう。

 

Googleアドセンス審査に申請する手順7つ

  • 手順①:Googleアカウントを取得・ログイン
  • 手順②:Googleアドセンス公式HPでURLとメールアドレスを入力する
  • 手順③:Googleアドセンスアカウントを作成する
  • 手順④:お客様情報を入力する
  • 手順⑤:電話番号の確認と認証
  • 手順⑥:ブログをアドセンスとリンクする
  • 手順⑦:申請完了

 

1つずつご紹介します。

 

手順①:Googleアカウントを取得・ログイン

 

アドセンス審査にはブログと連携したGoogleアカウントが必要です。

 

Googleアカウントを持ってない方は、先に作成しておきましょう。

 

>>Googleアカウントを作成する

 

Googleアカウントを持ってる方は次に進んでください。

 

手順②:Googleアドセンス公式HPでURLとメールアドレスを入力する

 

次にGoogleアドセンス公式サイトへ移りましょう。

 

>>Googleアドセンス公式サイトへ

 

Googleアドセンス申し込み

 

・ウェブサイトのURL

・メールアドレス

・アドセンス情報をメールで受け取るか選択

 

上記3つを選んで次へ進みます。

 

手順③:Googleアドセンスアカウントを作成する

 

Googleアドセンスアカウントを作成

 

必要な情報を入力して次に進みます。

 

手順④:お客様情報を入力する

 

お客様情報を入力する

 

アドセンスの報酬を受け取るために住所の入力が必要です。住所を入力して次に進みましょう。

 

手順⑤:電話番号の確認と認証

 

電話番号を入力しSMS認証します。

 

確認コードを受けっとたら入力して送信してください。

 

手順⑥:ブログをアドセンスとリンクする

 

次にブログとアドセンスを紐付けます。

 

ブログとアドセンスをリンクさせるにはHTMLの<head>タグと</head>タグの間に挿入しなければなりません。

 

まずはアドセンスコードをコピーします。

 

コピーできたらWordPress管理画面⇒外観⇒テーマエディターをクリックして、『テーマヘッダー(header.php)』をクリックします。

 

テーマヘッダーの中にコードを貼り付ける

 

上記テーマヘッダーの<head></head>タグの間にコピーしたコードを貼り付けます。

 

貼り付けが完了すればファイルの更新を忘れずにクリックしましょう。

 

サイトにコードを貼り付けたら『サイトにコードを貼り付けました』にチェックを入れます。

 

コードが見つかりました。と画像が表示されればOKです。

 

手順⑦:申請完了

Googleアドセンス合格通知

 

アドセンス審査に合格すれば後日メールが届きます。

 

よく見る上記画像のお姉さんを拝めれば合格ですね。

 

Googleアドセンスの広告を貼り付ける方法

Googleアドセンスの広告を貼り付ける方法

 

審査に合格すればGoogleアドセンス広告を貼り付けることが可能です。

 

下記3ステップでできます。

 

Googleアドセンス広告を貼る手順3つ

  • ①アドセンスアカウントにログインし広告を選択
  • ②選択した広告ユニットを作成して保存する
  • ③作成した広告をコピーしてサイトへ貼る

 

広告の貼り方についての詳細は、【2020年版】Googleアドセンス合格後やるべきこと3つ【超簡単です】で解説してるので参考にしてみて下さい。

 

まとめ:Googleアドセンス審査に受かる対策をして合格しよう【収益化も目指そう】

まとめ:Googleアドセンス審査に受かる対策をして合格しよう【収益化も目指そう】

 

今回はGoogleアドセンスに通らない原因や合格するためのコツ10個について解説しました。

 

最後にもう一度おさらいします。

 

アドセンス審査に通らない原因5つ

①Googleアドセンス利用規約を違反している

②コンテンツに問題あり

③独自ドメインを使用していない

④運営者情報・プライバシーポリシー・お問い合わせフォームを作成していない

⑤新型コロナウイルスの影響

 

Googleアドセンスの審査に合格するためにチェックする項目10個

  • ①更新頻度を増やす
  • ②1記事の文字数を2000文字以上書く
  • ③操作しやすいサイトを作る
  • ④記事数を増やす
  • ⑤記事内・パーマリンク内に企業名が入っていない
  • ⑥記事とは関係ないアフィリエイトリンクを外している
  • ⑦規約違反のコンテンツがない
  • ⑧独自性のある記事を書く
  • ⑨運営者情報・お問い合わせフォームを設置している
  • ⑩プライバシーポリシーを設置している

 

アドセンス審査に落ちる原因と受かるために何をすべきかを理解していれば合格まで一気に近づきます。

 

とにかく読者目線の記事を書くことがGoogleアドセンス合格においては重要だということです。

 

審査前に上記項目をチェックして問題ないか確認してみて下さい。

 

本記事が参考になれば幸いです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それでは本日はこの辺りで。

 

-BLOG

© 2021 Tetsu blog