BLOG WordPress

【WordPress】Googleアナリティクスの設定方法から使い方まで徹底解説

困ってる人
●Googleアナリティクスについて詳しく知りたい。

●WordPressでの設定方法や画面の見方についても詳しく教えてほしいなあ。

 

今回はこんなお悩みに答えていきます。

 

こんな方におすすめ

  • WordPressブログ初心者
  • Googleアナリティクスの使い方を知りたい方
  • Googleアナリティクスをまだ導入していない方

 

本記事の信頼性

副業でWordPressブログを運営しています。誰でもわかるように画像を使って丁寧に解説できます。

 

WordPressでブログを始めて記事を作成したら自分のサイトがどれだけの人に読んでもらえてるか確認したいですよね。

 

今回はアクセス数やPV数などのデータを分析できるGoogleアナリティクスの設定方法・手順と設定後の画面の見方やアクセス解析方法について紹介していきます。

 

本記事を読めば、簡単にGoogleアナリティクスを設定できサイト分析ができるようになると思うので、ぜひ参考にしてみてください

 

なお、これからWordPressを始めたいという方は、【初心者OK】WordPressブログの始め方を全手順画像付きで徹底解説【2021年版】をご覧ください。

 

それでは早速始めていきます。

 

 

そもそもGoogleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスについて説明

そもそもGoogleアナリティクスとは?

 

Googleアナリティクスとはユーザー数を始めとする様々なデータを分析できるブロガーには導入必須の最強無料ツールです。

 

主に以下のデータが収集できます。

 

・ユーザー数

・ページ閲覧数(PV数)

・平均滞在時間

(ユーザーがページを見ている時間)

・離脱率

・ユーザーのサイト内での行動

 

つまり、自分のサイト内でどの記事が人気があるかというのがわかるということです。

 

ブロガーさんは99%Googleアナリティクスを使用しているので、まず導入しておくべき必須ツールの1つです。

 

それではGoogleアナリティクスを導入するための設定方法について紹介していきます。

 

Googleアナリティクスの設定方法【画像付き】

Googleアナリティクスの設定方法【画像付き】

 

Googleアナリティクスの設定方法は簡単にできます。

 

下記3ステップだけで完了です。

 

Googleアナリティクス設定手順3つ

  • ①Googleアナリティクスに登録
  • ②WordPressでトラッキング設定
  • ③計測できているか動作確認

 

順番にご説明します。

 

①Googleアナリティクスに登録

 

まず初めにGoogleアナリティクスに登録しましょう。

 

>>Googleアナリティクスへアクセスする

 

公式ホームページにアクセスできたら、Googleアカウントでログインします。

※Googleアカウントを持っていない方はアカウントの作成から行いましょう。

 

Googleアナリティクスのアカウントを作成する

Googleアナリティクスに移動する

 

ログインが完了すると下記画面になるので『測定を開始』をクリックします。

 

Googleアナリティクスの測定を開始する

Googleアナリティクスの測定を開始する

 

アカウント設定画面に移るので、アカウント名を入力します。(何でもOKです。)

 

入力ができれば、そのまま次へをクリックします。

 

アナリティクスの詳細を入力

アカウントの詳細を入力

 

次に『測定の対象』を選定しますが、ここは一番上の『ウェブ』を選択すればOKです。

 

ウェブを選択する

 

最後に以下4つを入力すれば完了です。

 

・ウェブサイト名:サイト名
・ウェブサイトのURL:https://を選択してサイトURLを入力
・業種:好きな業種を1つ選択
・レポートのタイムゾーン:日本

 

入力が完了すれば、『作成』をクリック

 

すべて入力が完了すれば『作成』をクリックします。

 

以下画面が表示されるので、規約に『同意する』をクリックすれば完了です。

 

アナリティクスの利用規約に同意する

 

以上でGoogleアナリティクスにログインできるようになりました。

 

Googleアナリティクスはブログ運営すると毎日のように見るので、ブックマークするかタグ止めするかしておきましょう。

 

続いて計測するために必要なトラッキング設定を行っていきます。

 

②WordPressでトラッキング設定

 

次にWordPressでのトラッキング設定を行っていきます。

 

トラッキングとはユーザーがサイト内でどこを閲覧しているか追跡(track)、分析することです。

 

トラッキングの設定方法は以下3つあります。

 

トラッキング設定方法

①プラグインを導入して設定する
②WordPressテーマを使用して設定する
③テーマ編集しコードを貼り付け設定する

 

1つずつ紹介します。

※おすすめの方法は①です。どれか1つ出来ればOKなので複数行う必要はないですよ。

 

①プラグインを導入して設定する

トラッキング設定方法:①プラグインを導入して設定する

 

まず1つ目はプラグインを使う方法です。

 

『All in One SEO Pack』というプラグインを使って設定します。

 

まずはプラグイン⇒新規追加でプラグインインストール⇒有効化しましょう。

 

続いてGoogleアナリティクスでトラッキングIDを確認します。

 

Googleアナリティクスにログインしてください。

 

トラッキングIDを確認

 

左下アイコンの『管理』⇒『プロパティ設定』を押すと表示されるトラッキングIDをすべてコピーします。

※頭文字のUAも含めたすべてのIDです。

 

その後、WordPressの管理画面に移りサイドバーにある『All in One SEO』をクリックして、トラッキングIDを貼り付けます。

 

All in One SEO内に貼り付ける

 

後は『設定を更新』をクリックすれば完了です。

 

関連記事

>>WordPressで導入するべきおすすめプラグイン8つ&導入手順

 

②WordPressテーマを使用して設定する

 

2つ目はWordPressテーマを使用して設定する方法です。

 

Googleアナリティクスのトラッキング設定ができるWordPressテーマを使ってる場合のみになります。

なので、ブログテーマによっては出来ない場合もあるので注意してください。

 

今回は当ブログのテーマであるAFFINGER5を例に紹介します。

 

ブログのテーマに迷われている方はこちらの関連記事を閲覧ください。

>>参考:【2021年】WordPressブログのおすすめ有料テーマ7つを徹底比較

 

それでは紹介します。

 

WordPress管理画面のサイドバーにある『AFFINGER5管理』をクリックしその中の『Google・広告/AMP』をクリックします。

 

AFFINGER5管理画面

 

下記のような画面が表示されるので、一番上の欄にトラッキングIDを入力します。

 

アナリティクスコードを入力する

 

トラッキングIDの確認は『①プラグインを導入して設定する』と同じです。

 

ただしAFFINGER5のトラッキング設定はUA以下のコードを入れるので間違えないようにしましょう。

 

入力が完了すれば『save』をクリックし保存します。

 

 

上記画面の様に『現在のトラッキングID:UA-○○』と表示されていればOKです。これで設定完了です。

 

③テーマ編集しコードを貼り付け設定する

 

3つ目はテーマ編集しコードを貼り付け設定する方法です。

 

プラグインやテーマがなくても設定できる方法ですが、WordPress初心者はテーマ編集になれてないと思うので、あまり触らない方が無難です。

 

ただむやみにプラグインを入れたくないという方もいると思うので紹介しますね。

 

まずはGoogleアナリティクスにログインして管理⇒プロパティ設定⇒トラッキング情報⇒トラッキングコードに移り下記画面のコードをコピーします。

 

 

コピーが完了出来たらWordPressのサイドバーにある外観⇒テーマエディターをクリックします。

 

その後テーマエディター右側にある『テーマヘッダー(header.php)』をクリック。

 

テーマヘッダーをクリック

 

すると上記のような画面になるので、『</head>』という場所を探します。

 

その直前に先ほどコピーしたトラッキングコードをコピーすれば完了です。

 

以上でトラッキングの設定までできました。

 

ここまでお疲れ様です!あと少しで設定完了できるのでもう少し頑張りましょう。

 

③計測できているか動作確認

 

最後にGoogleアナリティクスがちゃんと計測できているか確認します。

 

ココに注意

※設定後計測されるまで時間がかかる時があります。ある程度時間を置いてから実施してみましょう。(1日待てば十分OKです。)

 

スマホ等で自分のサイトにログインしてパソコンでGoogleアナリティクスにログインしてみてください。

 

うまく計測できていれば、下記画面のように『アクティブユーザーのリアルタイム』1と計測されます。

 

Googleアナリティクス リアルタイムのユーザー数の確認

 

もし上記のように表示されなければ、トラッキングIDが間違っていたり、トラッキングIDの設定を複数の方法で実践してしまっている可能性があります。

 

表示できなかった方は確認してみましょう。

 

これでGoogleアナリティクスの設定は以上です。

 

ここまでお疲れさまでした。ではここからGoogleアナリティクスの使い方・解析できることについて説明します。

 

Googleアナリティクスの使い方・解析できること

Googleアナリティクスの使い方・解析できること

 

設定できたら、続いてGoogleアナリティクスの使い方と解析できることについて解説します。

 

今回は下記を紹介します。

 

Googleアナリティクス使い方・確認できること

  • ①ユーザー数
  • ②セッション数
  • ③ページビュー数(PV数)
  • ④直帰率
  • ⑤平均ページ滞在時間
  • ⑥離脱率
  • ⑦集客

 

全データ共通ですが、右上の日付ボックスで計測する期間を指定できるので、計測したい期間を設定しましょう。

 

①ユーザー数

Googleアナリティクスのユーザー数の見方

①ユーザー数

 

ユーザー数とはサイトを訪れたユーザーの数を表しています。

1人のユーザーが何回サイトを訪れても計測上は1しかカウントされません。

 

要はサイトをのぞいてくれた人の数と思っておけばOKです。

 

②セッション数

Googleアナリティクスのセッション数の見方

②セッション数

 

セッション数とはサイトへの『訪問数』のことです。1ユーザーがサイトへ入ってから出ていくまでの数を計測しています。

 

ユーザー数と何が違うの?と疑問を持たれたかもしれませんが、同じユーザーでも次の日などにサイトへ訪れれば計測されるのがセッション数ということです。

 

ユーザー数とは微妙に違うんだということを覚えておけばOKです。

 

③ページビュー数(PV数)

GoogleアナリティクスのPV数の見方

③ページビュー数(PV数)

 

ページビュー数(PV数)とはサイト内のページ閲覧数のことです。

1ユーザーが1つのサイトで5記事閲覧すれば、PV数は5と計測されます。

 

ページを読み込むたびにページビュー数はカウントされるので、同じユーザーが同じページを読み込んで閲覧すればカウントされます。

 

④直帰率

Googleアナリティクスの直帰率の見方

④直帰率

 

直帰率とはユーザーがサイトを訪れた際に閲覧したページから他のページを見ないでサイトを離脱してしまう割合のことです。

 

つまり直帰率の数字が低いほど良いということです。

 

直帰率はユーザーの満足度を計る指標でもあるので、直帰率が低い時はサイトのどこかが良くないと思って修正するようにしましょう。

 

サイトジャンルにもよりますが、直帰率は40%前後であれば、良い数値だといわれています。

 

もし直帰率がずっと0%の方はGoogleアナリティクスの設定でトラッキングIDが重複して設定されてしまっている可能性があるので、間違いがないか確認しましょう。

 

⑤平均ページ滞在時間

Googleアナリティクスの平均ページ滞在時間の見方

⑤平均ページ滞在時間

 

平均ページ滞在時間とは文字通り、ページアクセスしてから離脱までの平均時間のことです。

 

もし時間が低すぎると記事を最後まで読まれず離脱している方が多いということになります。

 

離脱する直前のページの滞在時間は、0分というカウントになるので、複数ページを見られていないと平均時間が少なくなります。

 

⑥離脱率

Googleアナリティクスの離脱率の見方

⑥離脱率

 

離脱率とは最後に訪れたページの割合のことを表しています。

 

つまり、どのページでユーザーが離脱したかそのサイト内での割合を確認できます。

 

⑦集客

Googleアナリティクスの集客方法の見方

⑦集客

 

集客とはサイトに訪れるユーザーが何をきっかけにサイトを閲覧したかがわかります。

 

上記の場合だとほとんどSNS等からの流入になっています。

 

ブログ運営では検索流入が必須になってくるので『Organic Search』の割合を増やしていけるようにしましょう。

 

Googleアナリティクスの使い方・解析できることについては以上です。

サイトを運営しながら自分で毎日扱っているとそのうち慣れてくるのでまずは実践してみましょう。

 

Googleアナリティクス初心者がまず分析すべき項目3つ

Googleアナリティクス初心者がまず分析すべき項目3つ

 

困ってる人
色々解析できるのはわかったけど、まず最初はどこに注目すればいいの?

 

結論、最初は以下3つを注視しておけばOKです。

 

初心者がまず分析すべき項目3つ

①ユーザー数
②ページビュー数
③流入媒体

 

理由はどれだけの人がどれだけの数のページをどこから流入してよんでくれるからがわかるからです。

 

ブログ運営すれば、まず何といっても読んでもらわないと何も始まりません。

 

始めの内はどれだけの人が読んでくれているか意識し数字を伸ばすためにはどうすればいいか考えましょう

 

他の項目はサイト運営に慣れてくれば、分析すればOKです。

 

Googleアナリティクスではできない他者サイト分析ツールのおすすめ

Googleアナリティクスではできない他者サイト分析ツールのおすすめ

 

ここまでGoogleアナリティクスの設定方法や使い方について紹介してきました。

 

Googleアナリティクスは自サイトの分析に使うツールです。

しかし記事数が増えてきて競合のチェックがしたいそういう時に使えるのが、SimilarWebです。

 

こちらもGoogleが提供しているサービスでGoogle chrome(グーグルクローム)の無料拡張機能になります。

 

導入して損することはないので、Googleアナリティクスの使用が慣れてくれば、SimilarWebもおすすめですよ。

 

なお、グーグルクロームの無料拡張機能については下記記事でご紹介しています。

>>参考:ブログ運営・競合分析に便利なGoogle chrome拡張機能6選【無料】

 

まとめ:Googleアナリティクスで分析してサイト運営をしていこう

まとめ:Googleアナリティクスで分析してサイト運営をしていこう

 

今回はWordPressでGoogleアナリティクスを設定する方法、使い方・解析でできること、初心者が分析するべき項目について紹介してきました。

 

サイト運営を成功させるには、常にサイトの状態をチェックする必要があります。

 

Googleアナリティクスを導入して、サイトの状態を常にチェックできるようにして改善を繰り返していきましょう。

 

本記事が参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それでは本日はこの辺りで!

 

関連記事

>>【2021年版】WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する方法&使い方

 

 

-BLOG, WordPress

© 2021 Tetsu blog